トップページ > 最新情報 > 諸刃の剣か?世界初のCarPlay対応オーディオが今秋発売!
2014年4月16日 00時08分

読了まで 27

諸刃の剣か?世界初のCarPlay対応オーディオが今秋発売!

Alpine-carplay
 
アルパインが今秋、世界初となるCarPlay対応カーオーディオを発売予定と報じられています。まずは欧米から発売し、従来のカーナビの半額となる約5~7万円で販売される見込みです。

アフターマーケットのCarPlay対応製品が登場!

3月にジュネーブ・モーターショーで発表されたAppleのCarPlayは、メルセデス・ベンツ、フェラーリ、ボルボが対応車を発表したほか、世界の主要自動車メーカーが対応車の発売を予定しています。メルセデス・ベンツは旧車種でCarPlayに対応可能とする方針を発表していました。
 
CarPlay
 
日本の大手カーオーディオメーカーのアルパインが、世界初となるCarPlay対応カーオーディオをこの秋に欧米で発売し、日本国内では2015年以降に発売すると日本経済新聞が報じています。
 
製品が発売されれば、カー用品店などで購入可能となります。カーナビと違い、本体にGPSや地図データが不要なため、従来のカーナビのおよそ半額となる500ドル~700ドル(約5~7万円)での発売が見込まれています。

国産メーカーから出た「世界初」素直に喜べない事情

CarPlayに対応した世界初のカーオーディオが国産メーカーから出たことは喜びたくなります。しかし、この流れは単純に喜べないかもしれません。
 
Apple、クルマでiPhoneを活用する「CarPlay」を発表!「iOS in the Car」じゃなかった!
 
今後、各カーオーディオメーカーはCarPlay対応モデルを競ってリリースすることが予想されます。それは同時に、カーナビをカーナビとして成立させていた地図データやGPS機能をiPhoneに任せて、「iPhoneと接続可能なカーオーディオ」に徹した製品に移行することとなります。
 
CarPlay対応製品は、従来型カーナビよりもシンプルな構造で成立するため、メーカーの製品単価が下がり、カーナビに地図データを提供していた企業も収益が落ち込む可能性があります。
 
もちろん、従来型カーナビの高精度で誤差の少ない位置計測や多機能は高級モデルを中心に一定の支持を集めるでしょうが、カーナビメーカーは生き残りのため、CarPlayに対抗できるような機能をドライバーに提供するための厳しい戦いを強いられることとなりそうです
 
 
参照元:日本経済新聞
執 筆:hato

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる