トップページ > 最新情報 > 国内初!So-netがiPhoneでも使えるプリペイドSIMカード自販機を空港に設置
2014年4月16日 11時35分

読了まで 240

国内初!So-netがiPhoneでも使えるプリペイドSIMカード自販機を空港に設置

iPhone プリベイド 国内SIM
ソネット株式会社(So-net)は、国内におけるLTE高速通信サービスをプリベイド式のiPhoneでも使用出来るSIMカード「Prepaid LTE SIM」の提供を4月22日に開始し空港などに自販機を設置する事を発表しました。
 
プリペイド式のSIMパッケージを購入すると、オンラインで簡単な開通手続きをするだけですぐに利用開始することが出来ます。特に旅行や仕事のために短期間日本を訪れる外国人旅行者にお勧めとなっており、利用シーンに合わせて使用する事が出来ます。

海外旅行者やビジネスマンの救世主!利用シーンで選べる、6パッケージの国内SIMカード

Prepaid LTE SIM」では、利用シーンに合わせて、100MB/500MBのデータ容量から選べる2つのプラン、そして金額によって異なる3種類のSIMカード組み合わせの6パッケージを用意しています。
 
iPhone プリベイド 国内SIM 
500MB容量で使える目安は、YouTube動画であれば約250分程度、サイト閲覧は約2,000ページ、テキストメール約15万通受信可能、地図アプリなら約500回利用となっています。
 
追加チャージにより容量を増やすことも可能となっており、下り最大150MbpsのNTTドコモXi/FOMAネットワークに対応し、日本全国の幅広いエリアで利用することが出来ます。

国内初!国際空港の自販機でSIMカード購入

Prepaid LTE SIM」は、自動販売機での決済は現金・日本円で可能となっています。料金は「プラン100M」の30日間100Mで2,776円から「プラン500M」の60日間500Mの4,630円からとなっています。なお、国際空港の自販機によるSIMパッケージ販売としては国内初とのことです。
 
サポート体制は、日本語・英語・中国語・韓国語・タイ語に対応した多言語によるサポートが充実しています。なおiPhone5c/5sで使用する場合は、無線LANなど本製品以外で、事前にAPN設定ファイルをインストールしておく必要があるそうです。ご注意ください。
 
iPhone プリベイド 国内SIM

国内プリベイドSIMカードの購入可能場所

購入出来る場所は、下記の通りとなっています。
・関西国際空港 1F国際線到着階(自動販売機)
・成田国際空港 第一ターミナル・第二ターミナル、モバイルセンター
・新千歳国際空港(2014年5月中旬販売開始予定)
・あきばお〜 各店
・BOOK OFF 新宿西口店 (2014年4月25日販売開始予定)
・ビックウエスト・インターナショナル(池袋)
・ラオックス 秋葉原店
 
Prepaid LTE SIM」の販売開始は、2014年4月22日となっております。
iPhone プリベイド 国内SIM

海外旅行者のニーズも合致

観光庁は文化や特に外貨を稼ぐ手段や地域活性化の手段として経済波及効果を目指しており、海外からの旅行者を増やそうとしています。しかし、日本の海外旅行出国者数は世界で11位ですが、入国者数は世界33位と低迷しています。
 
現在日本国内の観光地や名所、施設は無料のWi-Fiの設置がまだまだ足りない中、このようなサービスはビジネスにも観光にも期待出来るでしょう。また、滞在期間と利用方法によってレンタルWi-Fiとうまく使い分ければ割安になりそうです。海外の取引先や、ご友人にお伝えしてみてはいかがでしょうか。
 
 
参照元:So-net
執 筆:iCHI

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる