アップルiBeaconの商標を登録、適用分野は広告宣伝以外にも多岐に - iPhone Mania
トップページ > iOS > アップルiBeaconの商標を登録、適用分野は広告宣伝以外にも多岐に
2014年4月15日 16時11分

読了まで 143

アップルiBeaconの商標を登録、適用分野は広告宣伝以外にも多岐に

iBeacon


アップルは昨年11月にBluetoothを利用した近距離無線通信機能であるiBeaconの商標登録を申請していたようで手続きが完了した模様です。iBeaconはこれまでにApple Storeをはじめ、店舗やイベントでのマーケティングでの導入事例がありますが、今後は決済サービスや顧客ロイヤルティプログラムなどでも幅広く利用されると予想されています。
 
今回、iBeaconのアイコンがカラーとモノクロバージョンで登録されました。ただ4月1日には手続きは完了しており、公開は遅れていましたがはっきりした理由は分かっていません。
 
iBeacon
 

CarPlayとの連携、決済サービスにも利用予定か

登録ではiBeaconのアイコンは2つの国際分類に該当しており、広告宣伝、ビジネスサービス、小売店舗サービス、カーオーディオ機器など幅広い分野を網羅しています。カーオーディオ機器の分野では車載用機器とiPhoneなどiOSデバイスを連携させるCarPlayでの使用を想定しているようです。
 
アップルは次期iPhone6やiWatchにiBeaconと同じく近距離無線通信機能を可能にするNFCを搭載するのではと噂されていますが、iBeaconではBluetoothとNFCの両方の技術を利用しながら幅広く展開されるのではないかと考えられます。
 
 
参照元 : Patently Apple
執 筆 : リンゴバックス

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる