2014年4月15日00:09公開 / 2015年5月18日18:33更新

読了まで 139

アップル、次期iPhone6の値上げで携帯電話会社と交渉開始

iPhone6


アップルは次期販売価格を100ドル(約10,100円)値上げするよう携帯電話会社と交渉を始めたとアメリカの投資銀行ジェフリー&カンパニーのアナリストのPeter Misek氏が述べています。携帯電話会社は当初は、アップルの提示した価格を拒否していましたが、今年iPhone6に対抗するスマートフォンのリリースがないことやiPhone人気もあり、ある程度の値上げの承認はやむを得ないことになりそうです。
 
現在、アメリカでは2年契約の場合iPhone5sの16GBで初期に199ドル(約20,300円)掛かります。Misek氏によれば、次期iPhone6ではこれが299ドル(約30,400円)に値上げされることになります。

国内3社の対応は、どうなるのか?

日本の場合には初期費用はアメリカとは違い、低く設定されていますが、今回仮に同氏の予想通りアップルの値上げ要求を各携帯電話会社が認めた場合にはどのような影響を受けることになるのでしょうか。
 
SIMフリーのiPhoneの発売や安価なデータ通信や音声プランを提供するMVNOのSIMカードが多く発売され、ユーザーは従来に比べiPhoneを使用するオプションは増えています。
 
 
参照元 : MacRumors
執 筆 : リンゴバックス

カテゴリ : iPhone6, 最新情報   タグ : , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる