トップページ > 最新情報 > 音楽配信のSpotify、ソフトバンク米子会社・スプリントと提携か
2014年4月13日 20時04分

読了まで 211

音楽配信のSpotify、ソフトバンク米子会社・スプリントと提携か

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

音楽配信のSpotify、ソフトバンク米子会社・スプリントと提携か
 
日本進出報道のあった音楽配信サービスのSpotifyが、ソフトバンクの子会社・スプリントと提携したサービスを開始すると報じられています。月額9.99ドルの有料プランのお試し割引が計画されている模様です。
 
提携が成果をあげれば、6月と言われるSpotifyの日本進出時にはソフトバンク利用者向けの割引が提供されることも期待できそうです。

今後中心となるストリーミング型音楽配信サービス

ストリーミング音楽配信サービスのSpotifyは、世界55の国・地域に約2,400万人の登録会員を持ち、月額9,99ドル(約1,000円)の有料会員600万人を持ちます。音楽配信サービスの中心は、ダウンロード型からストリーミング型にシフトしつつあり、AppleもiTunesのビジネスモデルについて見直しを検討中と報じられています。
 
Spotify、iTunes Radio、PANDORAのロゴ
 
Spotifyは昨年、有料会員数を世界に600万人と発表していますが、同社社員は音楽業界関係者に有料会員数は900万人と伝えており、世界でビジネスを拡大している模様です。

Spotify、スプリント利用者に「無料お試し」「料金割引」を提供か

Re/codeによると、スプリントの契約者は、Spotifyの有料サービスが無料試用できるほか、最近「白戸家のお父さん」風CMが開始された家族向けプラン利用者に料金の割引が提供され、携帯電話の利用料金と一緒に支払いが可能になるといった特典が提供される見込みです。
 
スプリントは4月29日にニューヨークで提携の発表を予定しているものの、複数の音楽レーベルからの承認が必要となるため、遅れる可能性があるようです。スプリントとSpotifyの両社はコメントに応じていません。

6月のSpotify日本進出時、ソフトバンク利用者向けに割引も?

先日、Spotifyが6月に日本進出との報道があり話題となりました。日本では世界メジャーレーベルの存在感が薄い音楽業界の構造もあり、世界で普及が進む音楽配信サービスは一般的ではありません。しかし、Spotify の進出により日本でも普及が進むことが期待されています。
 
ソフトバンクの子会社であるスプリントとSpotifyの提携で成果があがれば、Spotifyの日本進出時には、ソフトバンク利用者向けの割引サービスが提供されるかもしれません
 
 
参照元:Re/code
執 筆:hato

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる