アップルのiWatch、台湾のQuanta Computerが独占で製造契約、初年度6,500万台出荷 - iPhone Mania
トップページ > Apple Watch > アップルのiWatch、台湾のQuanta Computerが独占で製造契約、初年度6,500万台出荷
2014年4月9日 23時26分

読了まで 138

アップルのiWatch、台湾のQuanta Computerが独占で製造契約、初年度6,500万台出荷

サファイヤガラスはiPhone 6でなくiWatchに採用?台湾の製造関係者からのリーク情報


アップルが今年リリースを予定しているiWatchの製造について、中国のEconomic Daily Newsは各コンポーネントを供給するサプライヤーが確定し、台湾のQuanta ComputerがiWatchを独占で製造する契約を締結したとし、初年度には6,500万台の出荷が見込まれていると報じています。

iWatchのチップはアップル製だがSamsungのファウンダリーも利用

さらに、iWatchではアップルが自社で設計開発したカスタムチップが採用されているようですが、実際の製造にはSamsungのファウンダリーを利用した模様です。

FoxconnはiWatchのサプライヤーから外れる

iWatchの製造についてはFoxconnとInventecもサプライヤーとして名前が挙がっていましたが、最終的にはQuanta Computerが独占契約を締結したようです。また、タッチスクリーンのコントローラーや回路基板など他のコンポーネントについても台湾企業がサプライヤーとして契約した模様です。

ディスプレイはやはりサファイアガラスを採用

気になるiWatchのディスプレイガラスですが、今回の報道によりますとサファイアガラスを採用すると報じています。
 
 
参照元:Apple Insider
執 筆:リンゴバックス

カテゴリ : Apple Watch, 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる