アップルiWatchの9月デビューに向けサプライヤー3社が製造能力を増強 - iPhone Mania
トップページ > Apple Watch > アップルiWatchの9月デビューに向けサプライヤー3社が製造能力を増強
2014年4月9日 22時42分

読了まで 141

アップルiWatchの9月デビューに向けサプライヤー3社が製造能力を増強

iWatch


アップルは開発が噂されているiWatch用のフレキシブル回路基板のサンプルをサプライヤー3社から受け取り、9月のリリースに合わせ量産体制を準備中だと台湾の技術系メディアDigiTimesが報じています。
 
サプライヤーはZhen Ding Technology、Flexium Interconnect、Holding and Career Technologyの3社で、アップルからの大量の受注に応えるために、既存の製造ラインを全てアップルに割り当てる必要があり、これに見合う資金提供を受けた模様です。製造はリリースが予定されている9月から年末までフル稼働で行われる模様です。
 
Zhen Ding Technologyは現在、アップルのフレキシブル回路基板の最大のサプライヤーですが、今回のiWatchをはじめ、iPhone、iPad向けに1億ドル(約102億円)以上を新たに投資し、製造ラインを増強する模様です。
 
残る2社も同様に、Flexium Interconnectは5,000~6,600万ドル(約5億1,000万円~約6億7,300万円)、Holding and Career Technologyは3,300万ドル(約3億3,700万円)を製造ラインの増強に充てる模様です。
 
 
参照元:Apple Insider
執 筆:リンゴバックス

カテゴリ : Apple Watch, 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる