トップページ > iPhone5s > ジャパンディスプレイ 急ピッチでiPhone5S用液晶を生産
2013年8月19日 04時27分

読了まで 149

ジャパンディスプレイ 急ピッチでiPhone5S用液晶を生産

iPhone5S

IHSグループのiSuppliによると、iPhone5の液晶を供給しているジャパンディスプレイが、来月に発表が予想されているiPhone5S用液晶ディスプレイの生産を急ピッチで行っているとCNETが伝えています。

iSuppliのVinita Jakhanwal氏はCNETに、ジャパンディスプレイは他のスマートフォンの液晶の生産ラインを縮小してiPhone5Sの生産を優先しているようだと述べています。ジャパンディスプレイの他にもシャープとLGディスプレイがiPhone向けに液晶ディスプレイを供給していますが、供給の割合は月によって変動しているそうです。

株式会社ジャパンディスプレイ(Japan Display Inc.)は2012年4月にソニー、日立、東芝のディスプレイ関連子会社が統合して設立された会社で、iPhone5向けに液晶を供給している主要サプライヤーの一つで、新機種のiPhone5Sにも引き続き液晶ディスプレイを供給すると予想されています。

また、ジャパンディスプレイは今秋に発表が予想されているRetina対応のiPad Miniの液晶も供給すると考えられていますが、現在はiPhone5Sの生産が最優先のようです。

RBC Capital Marketsの投資家向けの資料には次期フラッグシップモデルであるiPhone5Sと、新しいミッドレンジモデルであるiPhone5Cが9月中旬に発表され、同時に新しい携帯通信会社との提携も発表されるとアナリストは予想しています。

なお、CNETは本件についてジャパンディスプレイからのコメントは得られなかったようです。

参照元: CNET
執 筆:リンゴバックス

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる