NTT西日本が提供するモバイル決済端末がiPhoneに対応! - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > NTT西日本が提供するモバイル決済端末がiPhoneに対応!
2014年3月20日 23時13分

読了まで 153

NTT西日本が提供するモバイル決済端末がiPhoneに対応!

2014年3月20日、NTT西日本が1月に提供を開始した店舗向け決済サービス「フレッツ・スマートペイ(スマートフォンタイプ)」のiPhone、iPad対応を発表しました。なおサービス提供開始は3月21日からとなっています。
 
iPhone モバイル決済

「フレッツ・スマートペイ(スマートフォンタイプ)」とは?

「フレッツ・スマートペイ(スマートフォンタイプ)」とは店舗が契約中のフレッツ光にiPhoneやiPadなどの端末をWiFi接続しカードリーダーを装着することで、店舗はその端末を利用してクレジットカード決済が可能になるという店舗向け決済サービスです。なお、導入に当たっての費用は決済手数料(3.24%)とカードリーダー端末利用代金の2,500円(初回のみ)が発生します。
 
利用方法はクレジット決済を行う端末に専用のアプリをダウンロードし、カードリーダーを装着した端末にお客さんのクレジットカードをスワイプ。その後iPhoneの画面に指でサインをしてもらい、メールでレシートを送信する流れとなります。
 
NTT モバイル決済

NTTブランドでモバイル決済市場を新規開拓?!

国内のモバイル決済サービスはPaypalやSquareをはじめ、楽天も提供を開始しています。また今後はAppleもモバイル決済市場に参入するという噂もあります。
 
競争激化するモバイル決済業界ですが、NTTは長年通信サービスで培ったブランドを武器として、インターネット回線を契約中の自社顧客を中心に導入を進めていくものと見られます。高齢経営者の店舗業は、IT化の流れに取り残されてしまいがちではありますが、NTT西日本は自社ブランドを武器に街のお店にモバイル決済導入を浸透させることは出来るのでしょうか。今後のNTT西日本の取り組みに注目です。
 
参照元:NTT西日本
執 筆:chappy

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる