トップページ > iPhone5s > Morgan Stanley今年第1四半期のiPhone売上は4,200万台、ウォール街より400万台多い予想
2014年3月20日 12時04分

読了まで 140

Morgan Stanley今年第1四半期のiPhone売上は4,200万台、ウォール街より400万台多い予想

Iphone


市場ではアップルの今期最初の第1四半期のiPhoneの売上げはあまり良くないとの観測が流れていますが、Morgan StanleyのアナリストであるKaty Huberty氏がこの観測はあまりにも悲観的すぎるとし、サプライチェーンによる分析により予想されている3,800万台よりも多く、4,200万台の売上が期待できるとBusiness Insiderに語っています。同氏の予想通りとすればiPhoneの売上は年度ごとに450万台分ずつ増加していることになります。
 
Huberty氏によりますと、サプライチェーンはホリデーシーズンの四半期中には製品を過剰に生産しており、現在は生産が落ち着き、これにより予想よりも低い数字を招いていると主張しています。同氏は独特の少し変わった手法で売上数字を予想しているのですが、この数値には定評があります。
 
AlphaWise
実はHuberty氏はAlphaWise Smartphone Trackerからのデータを利用し数値を試算しているのですが、過去4期の四半期の内、3期がウォール街の予想よりも正確でした。
 
この数字が予想通りになるのかどうかはもう少し待つ必要がありますが、アップルは4月23日頃に四半期決算を行うことになっています。
 
 
参照元:9to5Mac
執 筆:リンゴバックス

カテゴリ : iPhone5s, 最新情報  タグ :

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる