トップページ > 最新情報 > 奇跡!iPhone5が守った生命!
2014年3月16日 16時51分

読了まで 149

奇跡!iPhone5が守った生命!

ここに変わり果てた1台のiPhone5があります。
 
iPhone5が命を守った

持ち主を襲った悲劇

KSLではiPhone5の持ち主を襲った悲劇と、彼の命を守ったiPhone5について報道しました。ショーン・フランク氏は、アフガニスタンに旅行中に、十代の自爆テロ犯と対立、自爆テロの爆発に巻き込まれてしまいました。彼を襲ったのは榴散弾でした。
 
■榴散弾とは
榴散弾は、弾丸の中に小さな散弾が詰め込まれた爆弾で、爆発と同時に散弾が飛び散る仕掛けになっています。
 
榴散弾

出典:Wikipedia

iPhone5が守った命

自爆テロで爆発した榴散弾は、爆風とともにフランク氏に深い傷を負わせました。しかしポケットに入れておいたiPhone5がクッションとなり、散弾の威力が弱まったことで致命傷にはならなかったようです。
 
生命を守ったiPhone5
もしiPhoneがなかったら、彼は亡くなっていただろうとフランク氏の妹は、KSLのインタビューに答えています。
 
生命を守ったiPhone5

アップルの対応

フランク氏は、散弾で壊れてしまったiPhone5を、生命を守ってくれたお守りとして手元に残しておきたいとアップルに伝えたところ、交換するかそのままにしておくか選ぶように言われたそうです。それから数か月後にアップルは、フランク氏の願いを受け入れ新しいiPhone5を彼に送り、壊れてしまったiPhone5はそのまま持っていてもらうことを認めたようです。
 
iPhone5は無残な姿になってしまいましたが、生命を守ってくれた恩人としてフランク氏はこのiPhoneを大切にしてくことでしょう。アップルの寛大な対応にも賞賛の声が集まりそうですね。
 
 
出 典:BGR
執 筆:KSM

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる