iOS12.1で新たに追加された「ぼんやりした顔」の絵文字の本当の意味とは?


 
iOS12.1で158種類の絵文字が加えられ、表現の幅がさらに広くなりましたが、新絵文字の中にはどういう時に使ったら良いのか判断しづらいものも存在します。中でも「Woozy Face(ぼんやりした顔)」の絵文字が持つ意味についての議論が白熱しているようです。

酔っているというより困った顔?

ぼんやりした顔」の絵文字は、非対称的な目と、波打った口が特徴の絵文字です。「Woozy」とは”酔っぱらった”との意味があるため、単にお酒を飲んでいるときの表現として使えそうですが、人々は別の意味も見出しています。
 
Twitterユーザーのルイス・エイトケン氏(@basicallylewis)は、「溜まっていた支払いがいっきに来たとき」との解釈を投稿し、これが現在までに2万4,000以上のいいねを獲得しており、支持を集めています。
 


 
シンボルの意味について全員が同意することはないといわれていますが、絵文字はユーザーが使いたいように使えるのが大きな魅力のようです。
 
 
Source:The Guardian
Photo:Emojipedia
(lexi)