トップページ > iPhone5c > iPhone5cがなかなか売れない・・・残ったiPhoneは300万台以上
2014年3月6日 23時00分

読了まで 152

iPhone5cがなかなか売れない・・・残ったiPhoneは300万台以上

iphone5c-selection-hero-2013_GEO_JP


台湾を拠点とするサプライチェーンのメーカーによりますと、Appleは300万台以上のiPhone5cの製品を在庫しているようです。iPhone5の後継機種でカラフルなプラスティックのケースが特徴のiPhone5cはiPhoneの製品ラインとしてはミッドレンジの価格帯の製品となりましたが、Appleが予想した数量ほどは残念ながら売れていません。
 
在庫しているiPhone5cのうち、200万台は製造を委託しているPegatronでホコリをかぶっているようで、在庫されている棚には出荷予定のエリアや携帯電話会社、代理店などが記されているようです。
 
このメーカーによりますと、Appleは2013年第4四半期で5,100万台という記録的なiPhoneの販売台数を売り上げましたが、iPhone5sに比べると、iPhone5cはほとんど売れておらず、その原因は4インチの小さなディスプレイサイズの携帯端末としては販売価格が競合他社と比較して高いことが挙げられています。
 
既にAppleは昨年末からiPhone5cの製造依頼を行っていないのですが、在庫はそのままの状態で残っていますので、今後どう処理するのか対応が迫られることになりそうです。今回、Appleはスクリーンサイズから大きな教訓を得ることになったようで、次期iPhone6では大画面化したディスプレイを搭載すると予想されます。また、同時にiPhone5cは販売終了になると予想されます。
 
iPhone5cが過剰在庫であることから、Appleは今後、販売価格を下げて提供してくると思われますのでiPhone5cを購入したい方はもう少し待ってみたほうが良さそうですね。
 
 
参照元:PhoneArena
執 筆:リンゴバックス

カテゴリ : iPhone5c, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる