iPhone XSシリーズの売れ行き、iPhone Xよりも好調


 
9月に登場したiPhone XSシリーズの売れ行きは、昨年のiPhone XやiPhone8よりも好調のようです。Yahoo傘下のモバイル解析企業Flurryが統計から明らかにしています。

平均販売価格も増収に寄与

数百万にも上るアプリの利用傾向からFlurryが調査を行った結果、iPhone XS/XS Maxの売れ行きは発売後から数週間に渡り、iPhone8/Xシリーズのペースを上回っているようです。
 
iPhone Xの発売がiPhone8/8 Plusより遅い11月だったことを思えば、この結果も当然のように思えます。しかし、それでもFlurryは同一の条件で比較したうえで「AppleはiPhone XSシリーズで、昨年のiPhone X/8/8 Plusに比べて7%の増収となるだろう」と予測しています。
 
さらにFlurryは、販売ペースの勢いがホリデー商戦(クリスマスを含む年末商戦)でも続くと見込んでおり、iPhoneの平均販売価格が引き上げられたこととも相まって、依然としてAppleがスマートフォン市場で存在感を発揮するとみています。

iPhone7ユーザーが未だに最大

なお、iPhoneシリーズで最大の稼働台数シェアを有しているのはiPhone7で15.40%、続いてiPhone7 Plusで12.73%、iPhone6sで12.40%という結果も出ています。
 
昨年12月の時点では、iPhone7の数値が2割弱だったことを思うと、この1年で5ポイントほどのiPhoneユーザーがアップデートしたということでしょうか。
 
 
Source:9to5Mac
(kihachi)