Apple、MFiライセンスプログラムによりiBeaconをブランド化 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Apple、MFiライセンスプログラムによりiBeaconをブランド化
2014年2月27日 01時59分

読了まで 154

Apple、MFiライセンスプログラムによりiBeaconをブランド化

iBeacon


Bluetoothの中でも極低電力で作動するBluetooth LEに対応した安価な機器を利用し、近くのiPhoneやiPadに信号を送るためのAppleの新しいフレームワークであるiBeaconが、Appleの「Made For iPhone」などのロゴマークで知られるMFi ライセンスプログラムのもと、認証を受けたメーカーとともに本格的に展開されることになるようです。
 
これまでメディアではiBeaconという呼び方が、Bluetoothによるビーコン全般をさす言葉としてよく使われてきたのですが、Appleは今後iBeaconブランドの使用について管理を強めていくことになります。
 
これまで「Made For iPhone」などのMFi ライセンスプログラムでは、Apple が定める性能基準を満たしていると同社が認証した機器にのみ「Made-for-iPhone」などのロゴの使用を許可してきましたが、iBeaconの場合もこの手法と同様にAppleはメーカーにiBeaconの名称を製品に使用する前に、いくつかの条件を満たすよう求めています。
 
iBeaconに該当する製品の場合には、これまでのMFi ライセンスプログラムとは別にiBeaconの機能についての基準を満たす必要があります。AppleがiBeaconのブランドを管理することにより、消費者はビーコンを発信するBluetooth機器がiPhoneやiPadなどのiOS機器に対応しているのかどうかがひと目で分かることになります。
 
iBeaconはこれまでにApple Storeをはじめ、Macy’sなどの店舗やCES、MLBなどのイベントでも利用され、今後の活用と広がりが期待されています。
 
 
参照元:9to5Mac
執 筆:リンゴバックス

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる