トップページ > 最新情報 > Appleの新製品についてのリーク情報はどこからくるのか?
2014年2月24日 12時29分

読了まで 20

Appleの新製品についてのリーク情報はどこからくるのか?

iPhone
Appleが新しい製品をリリースする前には、新製品に関する多くのリーク情報がネット上に公開されています。最近も大画面化する次期iPhone6の情報も数多くリークされていますが、これらのリーク情報の多くはサプライチェーンが情報源であることが多いとAppleの新製品に関する情報を多く提供しているDigitimesが明かしています。

サプライヤーの出荷データが鍵

Digitimesによりますと、Appleが新製品をリリースする1~2カ月前にはサプライヤーはAppleに出荷データを提供する必要があります。通常は新製品がリリースされるまでは、さまざまな情報が氾濫しているのですが、ほぼ1カ月前くらいになると情報も集約され、確定した情報となるのはサプライヤーが提供するこの出荷データによるものです。

6カ月から9カ月前はまだ変更の可能性

さらにもっと前の6カ月から9カ月前の段階では、Appleは各サプライヤーに最終の仕様を伝え、サプライヤー側は準備をするのですが、この段階ではまだ変更の可能性があり、さまざまな情報が氾濫するのは、このためとも考えられます。

キーとなるコンポーネントで情報がリークされる

Appleのようなブランドは新しく製品を市場に投入する際には全ての工程を管理しようとしていますが、スマホの場合、キーとなるコンポーネントにより新製品に関する情報が伝えられていきます。もっとも早くに決定されるのがアプリケーションプロセッサーです。
 
Appleの場合は次期iPhone6に従来のA7プロセッサーを搭載するのか、次世代のA8プロセッサーなのかが新製品の初期の段階のリーク情報となります。iPhone Maniaでは次期iPhone6向けのA8プロセッサーについてはSamsungがサプライヤーから外れたという情報をお伝えしましたが、このようにキーとなるコンポーネント毎にサプライヤーからのリーク情報が始まり、今秋の次期iPhone6の発表までにさまざまな情報が氾濫することになります。
 
 
参照元:DIGITIMES
執 筆:リンゴバックス

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる