無くなると困るLINE、気を遣うFacebook。10代はSNS疲れの予兆? - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > 無くなると困るLINE、気を遣うFacebook。10代はSNS疲れの予兆?
2014年2月7日 22時45分

読了まで 343

無くなると困るLINE、気を遣うFacebook。10代はSNS疲れの予兆?


無くなると困るLINE、気を遣うFacebook。10代にSNS疲れの予兆?

ジャストシステム「Fastask」のデータを元に作成


 
ジャストシステムが発表した「主要SNS利用に関する実態調査」によると、「無くなったら困る」SNSはLINEが約半数で、10代では7割弱に上りました。「利用する時に気を遣う」SNSは全体ではFacebookが半数弱で最多ですが、10代ではLINEの「KS(既読スルー)」など広く気を遣っており「SNS疲れ」にさらされているようです。

SNS利用の10~40代男女680人に調査

今回の調査は、ジャストシステムの「Fastask」モニターのうち事前調査で「Facebook、Twitter、LINEを利用している」と回答した1都2府4県の10代~40代の男女680名を対象に実施しています。2014年1月22日から23日の調査期間で、インターネット調査で実施されています。

無くなったら困るSNSはLINEがトップ、10代では7割弱

無くなったら困るSNSはLINEがトップ、10代では7割弱

ジャストシステム「Fastask」のデータを元に作成


 
「無くなったら困るSNS」は、全体ではLINEが49.0%と約半数でした。無料通話が利用できることは大きな武器と見られます。年代別では、10代で67.0%がLINEを挙げ、Twitterの19.6%を大きく引き離しました。20~40代でもLINEが最多で、各年代の「気持ちのシェア」をLINEが確固たるものとしています

最も気を遣うSNSはFacebookが半数弱。SNSに気を遣う10代はSNS疲れの予兆?

最も気を遣うSNSはFacebookが半数弱。何かと気を遣う10代はSNS疲れの予兆?

ジャストシステム「Fastask」のデータを元に作成


 
「利用時に最も気を遣うSNS」は、全体ではFacebookが48.8%と半数弱でトップ、次いでLINEが27.2%でした。年代別では、10代はLINE39.2%、Twitter30.9%、Facebook27.8%と3サービス間の差が上の年代に比べて小さく分散し、学校などの比較的狭い社会での人間関係に気を遣う10代の苦悩が見られます。日常的に「SNS疲れ」にさらされているのかもしれません。
 
Facebookは実際の知人と実名でつながる特性が、LINEはメッセージに返信しないと「KS(既読スルー)」と言われるストレスが影響していると見られます。匿名性が高く「言いっぱなし」が日常的なTwitterは最も低くなっています。

最も多く利用しているSNSは頻度・時間ともにLINE

「最も利用頻度の高いSNS」は、全体ではLINEで40.4%

出典:ジャストシステム「Fastask」


 
「最も利用頻度の高いSNS」は、全体ではLINEで40.4%でした。年代別では、10代でTwitterが49.5%で、LINEの44.3%を僅差で上回りました。40代ではFacebookが36.8%で、LINEの34.4%より若干高くなりました。
 

「最も利用時間の長いSNS」は、全体ではLINEが36.8%でトップ

出典:ジャストシステム「Fastask」


 
「最も利用時間の長いSNS」は、全体ではLINEが36.8%でトップでした。年代別に見ると、10代ではTwitterが55.7%でLINEの36.1%を大きく上回り、40代ではFacebookが36.2%で、LINEの35.0%よりもわずかに上回りました。
 
利用頻度・時間ともに全体ではLINEがトップですが、10代はTwitter、40代はFacebookの利用が高くなっています。コミュニケーション、ゲーム、ニュースと幅広く利用できるLINEがよく利用されており、10代はTwitterをこまめにチェックし、ツイートする傾向がうかがえます。

スマホ中心利用派はLINE9割、Twitter7割、Facebook半々


スマホ中心利用派はLINE9割、Twitter7割、Facebook半々

出典:ジャストシステム「Fastask」



SNS利用環境は、LINEは「もっぱらスマホ」と「どちらかといえばスマホ」の合計が90.9%と、iPhoneなどのスマホ中心派が9割に上ります。スマホ中心派はTwitterが70.2%で約7割、Facebookが46.6%とほぼ半々となりました。
 

LINEの存在感が際立った調査結果

利用時間・頻度ともトップではないにも関わらずLINEは「なくなったら困る」サービスとして存在感を確固たるものにしていますiPhoneなどスマホでの利用が特に多いLINEは、私たちのコミュニケーション様式を大きく変え、音声通話収入の減少に悩む携帯キャリアがVoLTE導入を急ぐ等の影響も与えています。
 
最近、Facebookがスタイリッシュなニュースアプリを発表するなど、各SNSによる今後の新サービスにも注目したいところです。
 
 
参照元:ジャストシステム「Fastask
執 筆:hato

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる