トップページ > 最新情報 > 1月の契約数、ソフトバンクが純増首位を奪還。ドコモのMVNO依存構造は定着か?
2014年2月7日 19時02分

読了まで 229

1月の契約数、ソフトバンクが純増首位を奪還。ドコモのMVNO依存構造は定着か?

2月7日に電気通信事業者協会と各事業者から発表された2013年12月時点の事業者別契約数によると、2014年1月の純増数はソフトバンクがトップに返り咲きました。昨年12月にドコモが純増数トップとなり話題となりましたが、前月から純増数を半減させ3位に沈みました。
 
ナンバーポータビリティ(MNP)での転出入では、12月まで顧客流出幅が縮小していたドコモの流出超過が8万1,000件と再び拡大しました。一方、ソフトバンクの流入超過が3万6,000件と、前月の約4倍に拡大しています。
 
ソフトバンクが純増数トップに返り咲き

ソフトバンクが純増数トップに返り咲き

2014年1月の純増数は、ソフトバンクが24万9,900件でトップに返り咲きました。以下、auが18万9,900件、ドコモの14万200件と続きました。
 
2013年12月には、ドコモが27万9,100件の純増で2年ぶりにトップに立ち、順位変動が話題となりました。しかし、純増数の過半数はMVNOによるものと見られ、11月末に発売されたSIMフリーiPhone 5s/5c用格安SIM効果と考えられています。2014年1月の純増数で、ドコモは前月からほぼ半減しています。

ドコモの純増数、依然MVNO割合が大きい模様


「iモード/spモード」の契約数は5万6,400件の純減

出典:電気通信事業者協会



ドコモは12月、純増数約28万件を獲得しながら、iPhone等のスマホ契約者なら実質必須サービス「iモード/spモード」の契約数は1万3,600件の純減でした。今月、「iモード/spモード」の契約数は5万6,400件の純減で、さらに純減数が拡大しています。
 
関東甲信越で獲得した純増数17万4,200件を他の多くの地域が食いつぶしている格好
地域別の純増・純減を見ると、トータル純増数14万200件は、関東甲信越で獲得した純増数17万4,200件を他の多くの地域が食いつぶしている格好です。各地域の純増を積み上げたau、ソフトバンクの純増数とは異なる、いびつな構造が目立ちます。
 
ドコモの純増数にMVNOが占める割合は大きい模様で、この構造は定着化していく可能性もあります。

MNPで再び顧客流出に転じたドコモ。ソフトバンクは大幅な伸び

MNPで再び顧客流出に転じたドコモ。ソフトバンクはiPhone 5s/5c対象キャンペーンで大幅な伸び

MNPによる流出入は、ドコモが8万1,000件と、前月まで縮小傾向にあった流出超過が拡大に転じています。一方、流入の拡大が目立つのがソフトバンクで、前月の9,400件から大幅に拡大して3万6,000件と大きく伸びています。最新機種iPhone 5s、iPhone 5cを対象に加えたMNPキャンペーン等が功を奏したと見られます。

各社が家族取り込み合戦を繰り広げる「学割」の成果に注目

これから本格化する「学割」商戦は、携帯電話業界最大の稼ぎ時であり、キャリア各社は学生のみでなく家族を含めた、し烈な契約争奪戦を繰り広げています。各社のキャンペーンの成果がどう出るか、今後の契約数の動向が注目されます。
 
 
参照元:電気通信事業者協会
執 筆:hato

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる