2014年1月28日 12時33分

読了まで 138

Apple、次期iPhone 6用「A8プロセッサ」のサプライヤーを指名

A7


次期iPhone 6への搭載が予想されている次世代A8プロセッサですが、Amkor TechnologyとSTATS ChipPACの2社がプロセッサ製造の下流工程であるパッケージ化に関してAppleからそれぞれ40%を受注したと台湾のサプライチェーンが伝えています。残りの20%はASE(Advanced Semiconductor Engineering)が受注した模様です。
 
Appleの次世代A8プロセッサは一つのプロセッサパッケージの中にプロセッサとDRAMをセットにしたPackage on Package(PoP)SoCソリューションを採用する予定とのことです。
 
次世代A8プロセッサは台湾のTSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Company)がプロセッサ製造の上流工程を既にAppleから受注し、20nmプロセス技術を使用し2014年第2四半期(4月〜6月)から製造を開始する予定といわれています。
 
これらの情報が正確であれば、次世代A8プロセッサからはSamsungがAppleのプロセッサ製造に関わることはなくなることになります。
 
 
参照元:Patently Apple
執 筆:リンゴバックス

カテゴリ : iPhone6, 最新情報   タグ : , , , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる