トップページ > 最新情報 > iOS 7、iOS端末での利用割合が80%台に!
2014年1月28日 10時25分

読了まで 142

iOS 7、iOS端末での利用割合が80%台に!

アップルの第4四半期の業績発表が1月27日に行われましたが、その場でCFO(最高財務責任者)であるPeter Oppenheimer氏は、アップルのモバイル向け基本ソフトの最新版であるiOS 7のiPhoneやiPad等のiOS端末における利用割合が80パーセントに達したことを明らかにしました。

 
iOS7.messages


 

Androidの最新版はわずか1.5%のシェア

アップルのモバイル向け基本ソフトの最新バージョンであるiOS 7が、iOS端末の中で80パーセントの利用割合に達してたことで、ライバルのAndroidの最新版OSであるバージョン4.4、KitKatよりも優位に立っていると言えます。Androidのバージョン4.4はおよそ1.5パーセントの利用割合にしか届いていません。
 

12月時点ですでに78%に

12月時点でiOS 7は70パーセント台の利用割合となっていたと報じられていました。そして、現在ではiOS 7にアップデートできる端末は、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 4s、iPhone 4そして、すべてのiPad端末となっています。
 
これに対してAndroidで最も利用されているバージョンは、前世代であるバージョン4.3のJelly Beanであり、60パーセントの利用割合となっています。
 

参照元:AppleInsider
執 筆:MIYA

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる