トップページ > iPhone6 > Apple、サファイアガラスを採用した次期iPhone 6の試作機を製造か
2014年1月27日 12時38分

読了まで 142

Apple、サファイアガラスを採用した次期iPhone 6の試作機を製造か

iPhone 6
Appleは次期iPhone 6の試作機100台をサプライヤーであるFoxconnの中国深セン市にある工場で生産した模様です。これまでのiPhoneのディスプレイには高い透明度と強度のゴリラガラスが採用されていましたが、今回の試作機には新しくサファイヤガラスを採用しているようです。

サファイアのサプライヤー2社は製造ラインを増強

従来のゴリラガラスをサファイヤガラスに変更するには技術的には非常に難しい工程を必要とするのですが、今回Foxconnはこれをクリアし試作機を製造したようです。iPhone 5sでこれまでiSightカメラとTouch IDセンサー向けにサファイヤガラスの供給を受けていたサプライヤーのSynopsysとBern Opticsの2社は、最近製造ラインを増強したとの情報もあります。

アリゾナのサファイア新工場は生産開始予定

Appleはこれまで全世界のサファイヤガラスの10%を消費しているといわれているのですが、今後更にサファイヤガラスを利用することを示していると思われます。AppleのCEOティム・クック氏はABCとのインタビューでアリゾナにある新工場でサファイヤガラスの生産を開始する予定と述べており、このことから次期iPhone 6、またリリースが噂されているiWatchでのサファイアガラスの採用がほぼ確実ではないかと思われます。
 
 
参照元: PhoneArena
執 筆:リンゴバックス

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる