トップページ > 最新情報 > iPhoneの月額料金も安く?!MVNO値下げが招く大手キャリアの料金競争!
2014年1月25日 22時47分

読了まで 214

iPhoneの月額料金も安く?!MVNO値下げが招く大手キャリアの料金競争!

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

1月25日の日本経済新聞電子版によると、自前の回線設備を持たず、大手携帯キャリアの回線を借りて割安なサービスを提供するMVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれる事業者への回線賃借料を半額に下げる方針を総務省が示しました。MVNOの利用料金が下がることで競争が発生し、大手キャリアの利用料金引き下げにつなげるねらいもあるようです。
iPhoneの月額料金も安く?!MVNO値下げが招く大手キャリアの料金競争!

MVNOが大手キャリアに支払う料金が半額に

昨年11月のSIMフリーiPhone 5s /5c発売をきっかけに注目を集めたMVNOの格安SIM料金がさらに下がりそうです。総務省が定めるMVNO事業者から大手キャリアに支払う回線賃借料を2013年度分から半額に下げる方針と日本経済新聞が伝えています。
 
主要MVNOのほとんどはドコモの回線を利用してサービスを提供しており、昨年11月にiPhone のSIMフリーモデルが発売された後にMVNOに注目が集まった結果、昨年12月のドコモの契約純増数を2年ぶりのトップに押し上げたとも言われています。

大手キャリアも巻き込んだ月額料金見直しに発展か

現在、300社あるMVNO事業者数に対して契約数は約500万人と、国内携帯電話市場の契約者数約1億4000万件において存在感は大きなものではありません。MVNOの格安SIMは、事業者によって通話ができない、通信速度が遅い、パケット通信可能なデータ量が少ないなどの制約があります。そのため、ガラケーと「2台持ち」して使い分けるガジェット好き上級者向けの存在で、一般には普及していません。
 
MVNOが大手キャリアに支払うコストが下がることで、MVNOの利用料金は「1~2割下がる」と見られています。もし一般のスマホユーザーに手軽にMVNOを利用するようになると、割高感が持たれている大手キャリアの料金値下げ競争を誘発する可能性もあります。

SIMフリーiPhoneが携帯料金大競争を誘発

MVNO は、昨年11月にSIMフリーiPhone 5s / 5cの発売で一躍注目を浴びました。総務省によるMVNOの接続料引き下げは、急速にMVNOが存在感を増したことと無関係ではないでしょう。大手キャリアの料金引き下げにつながれば、iPhoneが再び日本の携帯電話業界に激震を与えることになります。
 
1台のiPhoneで完結させたい一般ユーザーとしては、大手キャリアの料金値下げにつながる総務省の方針は歓迎です。今後も、MVNOの動向に注目が集まります。
 
 
参照元:日本経済新聞
執 筆:hato

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる