トップページ > iOS > 2013年のApp Storeの年間売上、1兆円を超える
2014年1月12日 11時51分

読了まで 220

2013年のApp Storeの年間売上、1兆円を超える

App Store
ラスベガスで開催中のConsumer Electronics Showで目新しい電子機器の数々が話題を集めている中、Appleは2013年のApp Storeの年間売上が100億ドル(約1兆413億円)を超えたとの発表を行いました。

12月単月では史上最高の10億ドルの売上

12月単月ではApp Store史上最高の10億ドル(約1,041億円)の売上を達成、30億個のアプリがダウンロードされたとのことです。これまでにApp Storeを通じてアプリの開発者たちが稼いだ金額は総額150億ドル(約1兆5,620億円)に上ります。
 
Appleのインターネット・ソフトウェア&サービス部門の上級副社長、Eddy Cue氏は「2013年がApp Storeにとって最高の年になったことを、お客様に感謝します。クリスマス商戦のアプリのラインナップは素晴らしい内容でした。2014年も開発者の皆さんがどんなアプリを創り出してくれるか楽しみにしています。」と語っています。

iOS7の特性を活かしたアプリを称賛

Appleはまた、昨年新たに導入された iOS7の特性を活かしたアプリを開発したとして Evernote、Yahoo、AirBnB、OpenTable、Tumblr、Pinterest、American Airlinesなどの社名を挙げ、「最先端のコンテンツを提供すると同時に、アプリの総合的な性能や効率の向上も実現した」と功績を讃えています。
 
その他、以下のアプリや開発者についても、名前を挙げて評価しています。
•Ellen DeGeneres「Heads Up」
•ProtoGeo「 Moves」
•Simon Filip「Afterlight」
•Kevin Ng「Impossible Road」
 
海外の開発者による優秀なアプリ
•Candy Crush Saga
•Puzzles & Dragons
•Minecraft
•QuizUp
•Clumsy Ninja
 
2014年注目の開発者
•Duolingo (アメリカ)
•Simogo (スウェーデン)
•Frogmind (イギリス)
•Plain Vanilla Corp (アイスランド)
•Atypical Games (ルーマニア)
•Lemonista (中国)
•BASE (日本)
•Savage Interactive (オーストラリア)
 
名前が上がっている開発者やアプリで日本語化されているアプリは少なく、どんなアプリなのかが分かりにくいのですが時間があったら是非試してみたいですね。
 
 
参照元:Apple Insider
執 筆:リンゴバックス

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる