トップページ > 最新情報 > iTunesにCD情報提供のGracenoteがネットラジオプラットフォームを提供
2014年1月5日 23時29分

読了まで 237

iTunesにCD情報提供のGracenoteがネットラジオプラットフォームを提供

iTunes等にCDデータベース情報を提供しているGracenoteが、ユーザーごとにカスタマイズ可能なインターネットラジオサービスのプラットフォーム「Gracenote Rhythm」を、開発者と事業者向けに2月から提供すると発表しました。
 
Gracenote Rhythm

iTunesのCD情報提供企業によるネットラジオのプラットフォーム

PCにCDを入れると、iTunesがアルバム名やアーティスト名、曲名を自動で取得してくれます。この情報を提供しているのがGracenoteで、世界の音楽約1億8,000万曲のデータベースを保有しています。同社は2008年にソニーが2億6,000万ドル(約272億4,000万円、1ドル104.77円で換算)で買収されましたが、昨年末にソニーが1億7,000万ドル(約178億1,000万円)で大手メディア企業のトリビューン社に売却しています。
 
同社が2014年2月にサービス提供を開始すると発表したインターネットラジオ「Gracenote Rhythm」は、ユーザーが「好き」「嫌い」と反応した曲の情報を、ジャンルや雰囲気、時代等に区分しておすすめの音楽を配信するサービスです。世界中に配置された100名のエキスパートが音楽の分類を行っており、巨大な音楽キュレーションサービスと言えます。
 
その時の気分に合った好みの音楽を次々に聴くことで退屈知らずのロングドライブが可能に
Gracenoteは自動車メーカー等への販売も想定しており、カーステレオと連携すればその時の気分に合った好みの音楽を次々に聴くことで退屈知らずのロングドライブが可能になると期待されます。例えば、iPhoneのLTE通信で音楽をダウンロードし、Bluetoothで接続したカーステレオで音楽を聴く、といった利用方法が考えられます。

日本でのサービス提供は不明

世界一の規模を誇るCDデータベースを保有するグレースノートが、ユーザーの好みをベースにした音楽配信システムを提供することで、インターネットラジオ業界に変化を与えることが予想されますが、日本でサービスを利用できるかは不明です。
 
iTunes Radioは現在、アメリカのみのサービス
ウォール・ストリート・ジャーナルはGracenoteのライバルとして、100万曲の音楽データベースを持つPandoraの名前を挙げていますが、同社は日本でのサービスを提供していません。アップルが2013年9月から提供している「iTunes Radio」もユーザーの好みに対応した音楽配信サービスで、サービス開始から1週間弱で1,100万人のユーザーを獲得していますが、利用可能なのはアメリカだけです。iOS 7.1で提供される「iOS in the Car」とiTunes Radioが連携すれば、音楽を聴きながらのドライブが楽しそうです。
 
日本では「着メロ」「着うた」を購入する文化が根付いていることもあり、インターネットでの音楽配信サービスが盛んです。その一方、著作権法やJASRAC等の著作権管理団体の制約上、インターネットラジオでの音楽配信はほぼ不可能なのが現状です。
 
その時の気分や好みにピッタリの音楽を聴けるような、Gracenote Rhythmを活用したインターネットラジオサービスが日本でも実現すると良いですね。ユーザーとしては、まずは日本でのiTunes Radioサービス開始を望みたいところです
 
 
参照元:Gracenote
執 筆:hato

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる