トップページ > iOS > クリスマスのショッピング利用で、iOSがAndroidに倍返し!
2013年12月27日 23時01分

読了まで 148

クリスマスのショッピング利用で、iOSがAndroidに倍返し!

クリスマスの日にオンライン注文で利用されたモバイル端末は、AndroidよりもiOSユーザーが圧倒的に多数を占めていたことがIBMの新たなレポートで明らかになりました。アメリカでクリスマスの日に利用されたオンライン販売のうち、実に23パーセントがiOS端末でした。一方、Android端末の利用はたったの4.6パーセントに過ぎませんでした。
 
また、全体的なオンライン上のトラフィック割合はiOS端末で32.6パーセントであったのに対して、Android端末は14.8パーセントでした。
 
iPhone クリスマス


 

注文金額もiOSがAndroidの倍近くに達する。

iOSユーザーの平均注文金額はおよそ93.94ドル(約9854円 1ドル=104.9円(2013年12月27日)のレートで換算)であり、Android端末のユーザーの48.1ドル(約5046円)の2倍近くとなったことがわかりました。
 

スマートフォン VS タブレットではタブレットに軍配

一方、スマートフォンとタブレットを比較すると、消費者はスマートフォンよりタブレット経由で購入する傾向が強く、スマートフォンで買い物をするよりタブレットで購入する方が若干金額が大きくなることがわかりました。
 
2013年にはオンラインによる販売量全体は16.5パーセントも増加しており、そのうちモバイル端末による販売量は29パーセントと急上昇しています。
 
今後も、iOS端末を筆頭にモバイル端末のショッピングの利用が増加していくことが予想されます。
 

参照元:MacRunors
執 筆:MIYA

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる