トップページ > 最新情報 > アメリカ人が2013年にiPhoneのアップグレードに使った費用は5,660億円
2013年12月27日 13時17分

読了まで 32

アメリカ人が2013年にiPhoneのアップグレードに使った費用は5,660億円

iPhone
アメリカ人が2013年にiPhoneのアップグレードにかけた費用は54億ドル(約5,660億円)にものぼるそうです。22日に発表されたウォールストリートジャーナルのレポートでは、平均的なiPhoneのアップグレード費用は2年ごとに1人当たり151ドル(約15,800円)で、ここから算出される年間のアップグレード費用の総額は54億ドル(約5,660億円)と算出されます。

毎年アップグレードするスマホユーザーは23%

一般的に多くのユーザーは従来のそれほど古くはない機種から、機能的にはさほど変わらない新しい機種への変更にお金を使っているようなのですが、アメリカ人でスマートフォンを毎年アップグレードしている人の割合は23%に上ります。そのためアメリカの4大携帯電話会社は、年間2回などといった、頻繁にアップグレードするプランを提供せざるを得ない状況になっているようです。

iPhoneは中古市場でも高値で売却可能

iPhoneユーザーが、アップグレードを急ぐ理由のひとつには中古市場の存在があります。Gazelle.comのような中古買取サイトでは、コンディションの良いiPhoneが高い値段で売れます。Gazelleでは、傷のない16GBのiPhone 4Sならば110ドル(約11,500円)、同じく状態の良いiPhone 5なら280ドル(約29,300円)になります。GazellleによるとiPhoneの下取りは前年比70%増に、またSamsungの端末の下取りは114%増となっています。
 
この状況はApppleが次々と新しい機能を搭載したモデルを発売しているために起きているのですが、今年Appleは、より高速でパワフルなA7プロセッサーを搭載したiPhone 5sを発売、カメラ機能の強化やバッテリーの容量も改善しました。しかし、一番の売りはなんといってもホームボタンに埋め込まれた 指紋認証センサーTouch IDでしょう。AppleはiPhone 4SにSiriを搭載した時と同様に、iPhoneユーザーにとってiPhoneの最新モデルを「マストバイ」アイテムだと印象付けているのです。

iPhoneの普及のピークは2017年2月

AsymcoのHorace Dediu氏は、アメリカにおけるiPhoneの普及率はスマホ市場の成長率と合致していると述べています。Dediu氏の予想では、アメリカ国内でのiPhoneの普及がピークを迎える2017年の2月にはiPhoneのシェアは68%、普及率は90%にも達します。つまり、その頃には全米でiPhoneを欲しいと考える人のほぼ全員、1億8,000万人がiPhoneを持つことになるのです。そしてそれ以降は、Appleが売上を伸ばし続けるためには、iPhoneユーザーに新機種へのアップグレードをしてもらうことが必要になるのです。
 
Appleが新しい機能を少しでも搭載した新型iPhoneを発表し続ける限り、アメリカ人は新しいiPhoneを購入し続けることになるでしょう。今年、Appleの取締役会がCEOのティム・クック氏に「イノベーション」についてプレッシャーを与えた理由はこのためなのです。もしAppleが新しい機能を提供し続けるのをやめてしまったら、iPhoneユーザーはアップグレードするのをやめてしまい、Androidの機種を試してみようとするでしょう。
 
iPhoneの普及率が90%に達した時点で、これまで伸びてきた売上がより速い速度で落ちていくという、2008年以降のBlackBerryとまさに同じ現象が起こり得るのです。BlackBerry ユーザーはアップグレードする理由がなくなり、次々とiPhoneなどに乗り換えています。Appleにとってさらに恐ろしいニュースは、BlackBerryで起きた雪崩のような現象で去って行ったユーザーは、普通2度と戻ってくることはないと言われていることです。
 
12月だけでも、Appleが心拍数モニター顔認証曲面タッチセンサーの特許を取得したと報じられており、新機能に向けた技術開発が進んでいることをうかがわせます。次のiPhoneにどんな新機能が追加されるか、楽しみですね。
 
参照元:PhoneArena
執 筆:リンゴバックス

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる