トップページ > iOS > アップル、iPhoneなどの基本ソフト最新ベータ版iOS7.1を開発者向けに配布
2013年12月14日 11時10分

読了まで 157

アップル、iPhoneなどの基本ソフト最新ベータ版iOS7.1を開発者向けに配布

iOS7
アップルはiPhoneなどiOSデバイスで使用している基本ソフトのiOS7.1 beta 2バージョンを開発者向けに配布を開始しました。
 
今回のバージョンアップでiPhoneとiPad向けのセキュリティアップデート、iTunes Matchに関連する不具合の修正、またiPhone 5sでのTouch IDの設定が容易になるなどの修正が行われています。なお、一般ユーザー向けの現在の最新バージョンはiOS 7.0.4となっています。
 
iOS 7.1 beta 2は開発者向けサイトからダウンロードが可能ですが、一般のユーザー向けではなくあくまで開発者のテスト目的のために公開されていて、ダウンロードのためには開発者向けのアカウントが必要です。今回のソフトウェアのビルド番号は11D5115dとなります。
 
iOS 7.1 では以下の変更点や新機能が明らかになっています。
・Touch IDとパスコードのメニュー表示が設定の画面からアクセスが可能に
・アニメーション表示が早く
・細かいバグの修正
・コントロールセンターが新たに跳ね上がるアニメーション効果を追加
・カレンダーアプリにリスト一覧表示のデザインが追加
・操作しやすいようにボタン表示が変更
・ダークキーボードオプションを廃止
・iPad Airの壁紙の追加
 
配布されたベータ版では今だバグは残っており、アップルはオーディオブックの再生中の不具合、iCloudのアカウントの設定中にはiCloud Keychainは使用できないなど注意が必要だと開発者に伝えています。また、iPhone 5s、iPad Air、iPad mini Retinaモデルの64-bit対応機器では32-bitアプリを使用する際にBluetooth接続に不具合があることもわかっています。
 
 
参照元:Apple Insider
執 筆:リンゴバックス

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる