トップページ > おすすめアプリ > 世界初! 3週間以内の地震発生予測アプリ。無料でも利用可
2013年12月7日 11時31分

読了まで 239

世界初! 3週間以内の地震発生予測アプリ。無料でも利用可


「地震解析ラボ」アイコン


産学連携による地震情報提供サービスのインフォメーションシステムズは、世界初となるスマートフォン向け地震予測アプリ「地震解析ラボ」をリリースしました。地震の前兆現象をもとに、地震発生の数日前に発生時期、場所、規模を予測して知らせてくれます。
地震予測情報
 
詳細情報を入手できる有料版は月額600円ですが、機能が一部制限されるものの無料でも利用可能です。iPhone向けはAppStoreから、Android版はGooglePlayからそれぞれダウンロード可能です。

地震の発生時期、場所、規模を予測

「地震解析ラボ」アプリは、地震の前に変化する「VLF/LF電波」の観測情報をもとに、地震の発生時期と場所、規模を日本地図に重ねて表示できます。最新の情報をプッシュ通知で受け取ることができるので、情報を見落とす心配もありません。地震の規模はマグニチュード「6.0以上」「5.5前後」「5.0前後」の3段階で色分けして、通知されます。
フル機能版と無料版の比較
 
フル機能版は月額600円の料金が必要ですが、無料版でも利用可能です。ただし、無料版では予測される地震の規模が3段階から2段階になり、エリア別の予想が日本全国版のみになるといった機能の一部が制限されています。

大学との20年間の共同研究の成果

VLF/LF電波の観測

インフォメーションシステムズは、電気通信大学、千葉大学、中部大学が参加する産学連携機関「地震解析ラボ」の運営を担当し、20年間にわたって地震予測研究とメディア等への情報提供の実績があります。「地震解析ラボ」アプリには、これまで蓄積した観測・解析データや実績が活用されています。
 
「地震解析ラボ」のWEBサイトでは、2012年3月以降の地震予測情報と実際の地震発生状況が公開されています。「規模」「場所」「期間」について、予測情報と実際の地震が比較されています。
 
執筆時点で公開されている最新情報は2013年8月に東北地方で発生した地震で、「8月3日から13日の期間、福島から茨城の地域でM5.5規模の地震」の予測に対して、8月4日に宮城県沖でM6.0、8月10日に福島県沖でM4.9、8月12日に福島県沖でM4.9と、予測と近い地震が発生しています。
 
「地震解析ラボ」では、電気通信大学の早川正士名誉教授による解説動画も公開されており、2011年の3.11地震の前兆現象の観測についての解説動画を見ることもできます。大地震の数日前に異常データを観測していたものの、当時は観測地点が不足しており発生地点を特定できなかったとのことです。その後、観測地点を増強することで予測精度を向上させているとのことです。

地震予測情報を簡単に入手することで防災の備えを

アプリを発表したインフォメーションシステムズは、地震予測情報を提供することで防災・現在に役立てて、人の生命と財産を守ることに役立ててほしいとしています。
 
わかりやすく実用的な地震予測情報を手元のiPhoneで簡単に入手できることで、冷静に地震への備えをすることができるのは生活の安心に役立ちそうです。防災用品・避難用品などの備えのほか、発生した地震の震度を測定できるアプリなども活用して、近い将来に発生が予測される大地震に備えておきたいですね。
 

地震解析ラボ
カテゴリ: ニュース
現在の価格: 無料

 

 
参照元:インフォメーションシステムズ
App Store
執 筆:hato

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる