iPhone購入者の満足度高いがバッテリーに課題、シャープガラケーからの流入目立つ - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > iPhone購入者の満足度高いがバッテリーに課題、シャープガラケーからの流入目立つ
2013年12月6日 12時59分

読了まで 243

iPhone購入者の満足度高いがバッテリーに課題、シャープガラケーからの流入目立つ

MMD研究所が発表した、2013年iPhone購入者満足度調査によると、iPhone所有者の満足度は、「画質の良さ」「操作性の良さ」「デザイン性」など調査10項目中8項目で満足度が7割を超えた一方、「バッテリーの持ち」に不満を感じている人が約3割に上りました。iPhoneはユーザーに高い満足度をもたらしているものの、バッテリーが課題と言えそうです。
 
また、iPhone購入前に利用していた端末は、フィーチャーフォン(ガラケー)ではシャープ端末、スマートフォンではiPhone 4sが最多で、Android陣営からはXperiaが最多でした。

各項目で高いiPhoneの満足度

今回の調査は、2013年にiPhoneを購入した1,000人を対象に、2013年11月25日~27日の期間、インターネットで実施されました。1月~9月の間に購入した方も含まれるため、ソフトバンクとauの購入者には、iPhone4s/ 5の購入者も含まれます。
 
各項目で高いiPhoneの満足度


iPhone所有者の満足度は、「画質の良さ」が85.8%で最も高く、Retinaディスプレイの画質が多くのユーザーに評価されていると言えます。次いで、「端末のサイズ感」83.6%、「デザイン性」83.1%、「端末のブランド」81.8%が高く評価されています。女性でも持ちやすいサイズや、iPhoneならではの質感の高いデザイン、そしてiPhoneというブランドが高く評価されています。
 
一方で、「バッテリーの持ち」は満足度が46.3%と他の9項目と比べて低くなっており、唯一満足度が半数を割っています。

次のスマホに求める要素「バッテリー」が過半数

次のスマホに求める要素「バッテリー」が過半数
次にスマートフォンを買い替えるとしたら求める項目は「持ちが長いバッテリー」が51.2%で半数を超えました。以下の項目は「防水・堅牢さ」29.4%、「ブランド性を高めるデザイン」27.8%、「より大画面」25.7%と並んでいますが、いずれも3割を下回っています。
 
iPhone所有者の満足度の高さから、現在のiPhoneユーザーは次もiPhoneを選択する可能性が高いと思われますので、次期iPhone6以降のバッテリー持続性能が、満足度を大きく左右することとなりそうです。

iPhoneリピーターが過半数。ガラケーはシャープ、AndroidはXperiaから流入多い

iPhoneリピーターが過半数
スマートフォンからの買い替えは、iPhone 4sが25.5%、iPhone4が17.5%、iPhone5が15.0%と、iPhoneからの買い換えが58.0%で過半数を占めました。Android陣営からの乗換えでは、Xperia(ソニー)が7.0%、AQUOS PHONE(シャープ)が6.6%と、国産メーカースマホからの買い替えがやや目立ちました。
 
ガラケーはシャープから流入多い
ガラケーからiPhoneに買い替えたユーザーが前に使っていた端末は「シャープ」が31.9%で最多、次いで「パナソニック」13.3%となり、シャープ端末からの買い替えが目立ちました。

iPhoneのバッテリー、次期モデルに期待しつつ、ユーザーの工夫で改善も!

今回の調査では、iPhoneユーザーの多くがiPhoneに満足しているものの、バッテリーの持ちについて不満を感じていることがはっきりしました。多くの予想デザインが流出している次期モデルでの改善を期待したいところです。また、当サイトではiOS 7で簡単に実践できるバッテリーを長持ちさせる方法もご紹介していますので、ぜひご一読ください。
 
 
参照元:MMD研究所
執 筆:hato

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる