iPhoneとiPad、モバイルショッピングの80%以上を占有 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > iPhoneとiPad、モバイルショッピングの80%以上を占有
2013年11月30日 11時00分

読了まで 151

iPhoneとiPad、モバイルショッピングの80%以上を占有

アップルのiOS端末であるiPhoneiPadは、アメリカにおけるモバイル端末によるオンラインショッピング市場で大多数の人々が利用している端末であることがIBM社の調査報告書で明らかになりました。

 

iPhone iPad

 

ショッピングでのモバイル活用が進む

米大手コンピュータ会社IBM社のDigital Analytics Benchmarkグループでは、およそ800もの全米の小売店舗から集められたデータを収集するとともに、何百万もの処理件数を追跡、解析してモバイル端末を使用してショッピングを楽しむユーザーの動向をまとめています。

 

同社の調査結果では、モバイル端末をショッピングに活用するユーザーの割合は昨年から9パーセント程上昇しており、通信トラフィック全体の37パーセントを占めているそうです。そして、オンラインショッピング全体におけるモバイル利用割合は約21パーセントを占めているとのことです。

 

ショッピングではタブレットが好まれる

全体としてスマートフォンの通信量はタブレットの通信量の2倍に達するそうですが、タブレットユーザーは、スマートフォンユーザーの約1.5倍もオンライン販売をするようです。つまり、タブレットユーザーの13.2パーセントがオンライン販売でタブレットを利用しており、スマートフォンユーザーでは、7.8パーセントしかスマートフォンを利用していないということです。

 

オンライン販売では、商品の写真や中身をじっくり検討してから購入したいと考えるユーザーの姿勢もあり、タブレット端末が好まれると考えれます。

 

参照元:IBM Digital Analytics Benchmark
執 筆:MIYA

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる