トップページ > iPhone5s > 「携帯3社、iPhone 5sを即日持帰り可と発表」に至る激動の日々!
2013年11月29日 08時03分

読了まで 42

「携帯3社、iPhone 5sを即日持帰り可と発表」に至る激動の日々!

11月28日、ソフトバンク、ドコモ、auの3社は、iPhone 5sが各色・各容量とも即日持ち帰りが可能となったことを一斉に発表しました。店舗に在庫がない場合でも、予約から7日間程度で引き渡しが可能、とアナウンスされています。
 
9月11日に発表されたもののiPhone 5sは予約受付がなく、9月20日の発売以降、在庫不足で入荷見込みの立たない状況が続いていましたが、年末商戦を前に収束しました。発表から深刻な在庫不足を経て現在に至るiPhone 5sを取り巻く状況を振り返ってみると、なかなかにドラマティックな激動の日々でした。
iPhone 5s即日持ち帰りまでの激動の日々

2013年9月:iPhone 5s発表・発売、すぐに品薄に

iPhone 5s /5c正式発表

9月11日:アップルがiPhone 5s/5cを正式発表。NTTドコモのiPhone販売参入も発表。各キャリアが13日からiPhone 5cの予約受付を発表するも、iPhone 5sの予約受付情報はなし。アメリカでも事前予約を受け付けないことが発表される。
 
9月13日:各キャリアがiPhone 5cの予約受付を開始。
 
9月18日:キャリア3社が9月20日からiPhone 5sのオンライン予約・販売開始をアナウンス。
 
9月20日:iPhone 5s / 5cが発売開始。iPhone 5sは発売と同時に品薄。スペースグレーの在庫はあるものの、シルバー、ゴールドは品切れで入荷未定。ドコモとauではサーバーがダウンし、店舗での手続きに支障が発生。世界中で行列が発生。アメリカのオンラインショップでゴールドの出荷予定は「10月」に。
 
9月23日:アップルが発売後3日間でiPhone5s / 5cを900万台販売したと発表。また、世界中のiPhone 5s初回出荷分がわずか2日で完売との報道も。
 
9月26日:BCNランキングがiPhone 5s/5c発売後3日間の販売状況を発表。iPhone 5sだけで同期間のiPhone5の販売数を上回る。シェアは44.7%でソフトバンクがトップ。

10月:依然として続く品薄も、増産や広告など在庫増への期待高まる

10月3日:ドコモが上級顧客限定としていたiPhone 5sのWEB予約を、10月4日から一般ユーザーも対象にし、9日からドコモユーザー以外も対象にすると発表。
 
10月5日:アメリカのアップルストアで、iPhone 5sが入手しやすくなっていると報道。
 
10月6日:世界各国のアップルオンラインストアのiPhone 5s出荷予定を調査。「10月」のみのアナウンスが多数。
 
10月10日:ドコモの加藤社長が、10月中にiPhone 5sの在庫改善を匂わせる発言
 
10月12日:アメリカのアップルオンラインストアで、iPhone 5sの出荷予定が2-3週間の表示。
 
10月15日:週刊ダイヤモンドオンラインがiPhone 5sの在庫不足はアップルの自作自演ではないかとの仮説を報じる。
 
10月16日:iPhone 5sの在庫不足解消へ増産、iPhone 5sの減産が報じられる。
 
10月20日:この頃、アメリカでiPhone 5sゴールドの雑誌広告掲載。
iPhone 5s雑誌広告
 
10月21日:ソフトバンクがiPhone 5sの入荷見込を発表。ゴールドは28日、スペースグレーとシルバーは14日で入荷。翌22日にau、23日にはドコモが同様の入荷見込を発表。
 
10月22日:アメリカでiPhone 5sのテレビCM放映開始。
 
10月25日:イタリア、ロシア、スペインなど35の国と地域でiPhone 5s / 5cを発売開始。

11月:入荷見込みが着実に短縮、そして即日持ち帰りへ。

11月1日:インド、マレーシア、メキシコ、UAEなど16の国と地域でiPhone 5s / 5cを発売開始→24時間以内に完売。この頃、アメリカで複数のパターンのiPhone 5sゴールドを使った雑誌広告が掲載。iPad Air発売開始。
 
11月3日:日本でもiPhone 5sのテレビCM放映開始。

 
11月12日:この頃、世界各国のアップルオンラインストアでiPhone 5s出荷が1-2週間に短縮。iPad mini Retinaディスプレイモデルをアップルが突如発売開始。ソフトバンクとauが14日から発売開始。
 
11月15日:国内キャリア3社、iPhone 5sの入荷見込を各カラーとも「7日」と発表。インドネシア、フィリピン、ブラジルなど16か国でiPhone 5s / 5cを発売開始。
 
11月19日:一部工場でiPhone 5cの生産を停止しiPhone 5cに注力の模様と報道。アメリカのアップルオンラインストアで、iPhone 5sの全モデル出荷予定が3-5日間と短縮。
 
11月22日:アップルがSIMフリー版のiPhone 5s / 5cを突如、オンラインで発売。アップルストアに聞くと「取扱い未定」の回答。
 
11月28日:国内キャリア3社、iPhone 5sを各モデルとも即日持ち帰り可能と発表。Foxconnが24時間無休でiPhone 5sを製造との報道。

大規模な増産と、広告展開に密接な関係

発売から2か月あまりを振り返ってみると、iPhone 5sを待ち望む世界中からの声に応えるべく、アップルがiPhone 5sを増産し、供給してきたことが見えてきます。また、在庫状況が改善される前に大規模な広告が流れていることから、アップルの製造と販売、広告などの各部門が世界で連携していることを思わせます。
 
待たなくても買えることで、iPhone 5sの購入を具体的に検討し始めた方も多いと思います。iPhone Maniaでは今後も、iPhoneの便利なグッズや知って得する使い方、最新アプリ情報などをどんどん紹介していきます。お楽しみに!
 
 
参照元:ソフトバンク, ドコモ, au
執 筆:hato

 
 

カテゴリ : iPhone5s, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる