トップページ > 使い方 テクニック > 【使い方】同じ文字を入力して「ああ」が「い」にならない方法
2013年12月8日 16時15分

読了まで 28

【使い方】同じ文字を入力して「ああ」が「い」にならない方法

iPhoneは取扱説明書を見なくても簡単に操作することが出来ます。そこがiPhoneの大きな魅力のひとつですが、実は更に便利に使い倒すための隠れた設定や、テクニックが沢山あります。そんな「iPhoneのテクニック」をわかりやすくご紹介をするコーナーです。
 
iPhoneのキーボードで日本語かな入力だと連続した文字の入力にイライラすることはありませんか?例えば「ああ」「aa」など同じ音を2回以上入力する場合、これを連続タップしてしまうと「い」「b」になってしまいますよね。
 
そんな時に使える方法がこちら!
 

フリック入力を使わない場合

「ああ」と入力したい場合

iPhone 「ああ」と入力したい場合
■最初の「あ」を入力
■2回目の「あ」をタップして指は離さいない
■その指を上下左右のどこかへスライドさせる
■「あ」の位置まで戻して指を離す

 
どうですか?
そうすると連続した「ああ」となるはずです。英語も同様です。
 
数字の場合はもっと楽な方法があります。

「11」と入力したい場合

iPhone 「11」と入力したい場合
■「1」を左フリック
■すると候補に「11」が出てきます
 
 
実は・・・
iPhone 「11」と入力したい場合
■上フリック「111」
iPhone 「11」と入力したい場合
■右フリック「1111」
 
となっているのです。

 

そもそもフリック入力しか使用しなければもっと楽になります

フリック入力しか使わない場合は設定から変更するだけで連続入力が可能になります。

iPhone フリック入力を使用する場合
■「設定」→「一般」→「キーボード」を選択
iPhone フリック入力を使用する場合
■「キーボード」→「キーボード」を選択
iPhone フリック入力を使用する場合
■「日本語かな」を選択
iPhone フリック入力を使用する場合
■「フリックのみ」をONにする

これで連続入力が楽になりますね!入力の小ワザは色々ありますが、やっぱりフリック入力のみを極めるのが最強だと思います。慣れるとフリックの方がかなり早く入力できますので、これを期にフリック入力専門にトライしてみてください。
 
執 筆:TOM

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる