トップページ > 最新情報 > iPhoneサプライヤーのFoxconn、約30億円投資しアメリカに新工場
2013年11月25日 02時27分

読了まで 138

iPhoneサプライヤーのFoxconn、約30億円投資しアメリカに新工場

Foxconn
Appleをはじめとするハイテク企業が中国に生産拠点を移し、国内で非難を浴びている中、Appleのサプライヤーであり、iPhoneを生産している台湾本社のFoxconnはアメリカ、ペンシルバニア州に約30億円を投資し、新しくハイテク工場を建設すると発表しています。
 
FoxconnのTerry Gou会長は今後2年で約30億円を投資し、通信機器とインターネット用のサーバー機器のコンポーネントを生産する工場を新しく建設し、ペンシルバニア州ピッツバーグにあるカーネギーメロン大学でR&Dのための約10億円の基金を設立すると述べています。
 
Foxconnの新工場は同州のハリスバーグに建設される予定で、現地では既に小規模な生産施設を30名ほどで運営しています。新工場が稼働すればおよそ500名のスタッフが採用される予定です。
 
Foxconnはアメリカ国内では既にカリフォルニアとテキサスで工場が稼働していますが、今回のような大規模な新工場が稼働すれば、全世界で働く160万人以上の従業員へのイメージアップにもつながりますし、アメリカ国内での生産を希望する他のメーカーのサプライヤーになる可能性があると期待しています。
 
 
参照元:Cult of Mac
執 筆:リンゴバックス

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる