トップページ > 最新情報 > iPhoneがスマホシェアで5割超え!2013年7~9月期の出荷台数実績
2013年11月18日 13時07分

読了まで 25

iPhoneがスマホシェアで5割超え!2013年7~9月期の出荷台数実績

iPhoneがスマホシェアで5割超え!2013年7~9月期の出荷台数実績
2013年7~9月期のスマートフォン国内出荷台数実績で、iPhoneのシェアがついに5割を超える54.1%となりました。今後、さらにiPhoneのシェアが拡大すると考えられるデータもあり、今後の動向が注目されます。

iPhoneはスマホで54.1%、携帯電話全体でも41.4%のシェア

2013年11月18日にIT専門の調査会社、IDC Japanが国内の出荷台数実績を発表しました。IDC Japanによると、国内のスマートフォン出荷台数実績688万台のうち、アップルが54.1%のシェアを獲得しました。2位はソニーで20.5%、3位はシャープの7.3%と続き、2位以下に大差を付けた圧倒的シェアとなっています。携帯電話全体の出荷台数899万台で見ても、アップルが首位で41.4%と、2位のソニー(15.7%)に大差を付けています。
 
スマートフォンが携帯電話全体に占める割合は76.5%にのぼり、現在売れている携帯電話のうち4台に3台はスマートフォンということになります。

iPhone 5s / 5c発売とドコモ参入効果。

今回のデータは、2013年7~9月の出荷台数によるものであり、9月20日に発売されたiPhone 5s / 5cと、国内最大の顧客数を持つNTTドコモがiPhone販売に参入したことが影響していると考えられます。

iPhoneシェアはさらに伸びるか

ドコモでiPhone以外のスマホ利用者の4割がiPhoneに関心を示すなど、iPhoneがさらにシェアを伸ばすことが考えられます。また、今回のデータ集計対象期間のうち、iPhone 5s / 5cが含まれるのは短期間であり、発売直後から人気が集中したiPhone 5sは在庫不足が続いています。各キャリアがiPhone 5s入荷見込みを7日に短縮して在庫不足が解消しつつあり、iPhoneの持つブランド力からも、今後、さらにiPhoneがシェアを伸ばすことも考えられます。
 
ユーザーとしては、iPhoneの存在感が大きくなることで、良いアプリや周辺機器類が発売されるなどのメリットもあります。今後もiPhoneのシェアがさらに拡大するか、動向に注目されます。
 
 
参照元:IDC Japan
執 筆:hato

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる