トップページ > 最新情報 > iPhone 5s / 5cはこう 修理する!スタッフ向けトレーニング動画を公開
2013年11月15日 15時25分

読了まで 236

iPhone 5s / 5cはこう 修理する!スタッフ向けトレーニング動画を公開


2-1.バッテリー取り外し

アップルがiPhone 5siPhone 5cの修理を直営店で修理できるよう準備中であることをお伝えしましたが、その準備は着々と進んでいるようです。アップルストアのスタッフ「ジーニアス」向けに作成された、専用器具を使っての修理トレーニング動画をCult of Macが公開しています。
 
公開されているのは「ディスプレイ取り外し」「バッテリー取り外し」「スピーカー交換」「SIMイジェクター」「バッテリー取り付け」の手順を示したGIFアニメーションです。

ディスプレイ取り外し

iPhone 5s / iPhone 5cの内部にアクセスするためには、ディスプレイを取り外す必要があります。安全にディスプレイを取り外すためにアップルが開発した器具は、吸盤が縦方向に2つ配置されています。
1-1.ディスプレイ取り外し
 
レバーを押し下げ、ディスプレイに吸盤を密着させてからレバーを上げると、iPhone 5sのディスプレイがカパッと外れます。
1-2.ディスプレイ取り外し

バッテリー取り外し

iPhone 5s等の分解画像を公開してきたiFixitは、テコの要領でバッテリーを取り外すことを推奨していました。しかしアップルは、バッテリーの取り外しには、粘着テープをハサミで切るよう指示しています。
2-1.バッテリー取り外し
バッテリーの周囲にある粘着テープを、慎重に引き出していきます。
2-2.バッテリー取り外し
粘着テープを完全に取り除いたら、黒い棒でバッテリーを持ち上げて取り出します。粘着テープが残っている状態でこの手順を行うと、端末内部が損傷することがあります。
2-3.バッテリー取り外し
バッテリーを取り外したら、余分な接着剤を取り除き、新しい粘着テープを設置します。
2-4.バッテリー取り外し

スピーカー交換

スピーカーの交換はいたって簡単です。ネジを取り外して、新しいものをはめ込むだけです。
3-1.スピーカー交換

SIMイジェクター

私たちはSIMイジェクターのことを考えることは滅多にありませんが、よく故障するそうです。修理は非常に簡単で、ピンセットがあれば大丈夫です。
4-1.SIMイジェクター

バッテリー取り付け

iPhone本体にバッテリーを完璧な圧力で取り付けるために、アップルは専用の修理器具を開発しました。まずはローラーのある器具に、バッテリーを取り付けたiPhoneを設置します。
5-1.バッテリー取り付け
バッテリー圧着用ローラーの目印として、iPhoneのラインを用います。
5-2.バッテリー取り付け
指先でレバーを押し下げると、圧着用ローラーが降りて、バッテリーを粘着剤でしっかり固定します。
5-3.バッテリー取り付け
iPhoneを置いたトレイを数回、スライドさせることでバッテリーがiPhoneに固定されます。
5-4.バッテリー取り付け

近くのアップルストアで修理できるのはメリット大

これまで、iPhoneはユーザーによるバッテリー交換もできず、そのメンテナンス性に対して批判もありました。iPhoneの修理が必要な場合はiPhoneそのものを交換するしか方法がありませんでした。近くのアップルストアで部品交換による修理ができれば、ユーザーメリットは大きいものがあります。すでに、AppleCareの保証に加入していればパーツ交換は無料、加入していなくてもバッテリーは$79の負担で交換可能と報じられています。
 
もちろん、修理のお世話にならないのが一番ですが、修理サポートの充実はiPhoneを使う上で安心感につながりますね。
 
 
参照元:Cult of Mac
執 筆:hato

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる