トップページ > iPhoneの使い方 > トラブル・防犯 > 【Tips】AirDropを送信したい相手が送信先に表示されないときの対処法
2019年9月6日 13時20分

読了まで 224

【Tips】AirDropを送信したい相手が送信先に表示されないときの対処法

AirDropで送信したい相手が送信先に表示されない

A.

簡単にデータのやりとりができるAirDrop機能ですが、機能を有効にしていない、またはやりとりできる相手を制限していると送受信できません。送信先に相手が表示されない場合はいくつかの設定をチェックしてみましょう。

確認したいチェック項目

双方の端末でAirDropが有効になっているか/受信設定が正しいか

 
コントロールセンター、または設定アプリから、AirDropの受信設定が確認できます。「連絡先のみ」の設定の場合、送受信する双方がお互いに連絡先登録していないと相手先として表示されませんので、連絡先登録を行うか、一時的に「すべての人」設定にしてやりとりするなどの方法があります。
 

  • 【Tips】AirDropを利用するための設定方法
  •  

    BluetoothやWi-Fiの通信範囲内でやりとりしているか

     
    AirDrop機能を利用するには、BluetoothやWi-Fiの通信範囲内であることが前提となります。送信側、受信側ともに離れすぎないよう注意しましょう。
     

    BluetoothやWi-Fiが有効になっているか

     
    送受信する双方ともでBluetooth、Wi-Fiをオンにしているか確認しましょう。またインターネット共有をオンにしている場合は、設定でオフにします。
     

    スクリーンタイムで制限をかけていないか

     
    スクリーンタイムの機能などで、AirDropの機能自体を制限している可能性もあります。設定アプリから確認しましょう。
     

    かんたんステップ

    4ステップ
    約1分
    • STEP1

      「設定」→「スクリーンタイム」

    • STEP2

      「コンテンツとプライバシーの制限」

    • STEP3

      「許可されたApp」

    • STEP4

      AirDropをオン

    1
    設定アプリから、スクリーンタイムの設定を開く

  • ホーム画面から「設定」を起動し、「スクリーンタイム」をタップします
  •  

    2
    許可されたアプリ一覧でAirDropの設定を確認する

  • 「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします
  •  

  • 「許可されたApp」をタップします
  •  

  • 一覧からAirDropを探し、オン(緑色)になっているか確認しましょう。オフ(白色)になっていた場合はオンにすることで改善する可能性があります
  •  
     

    --PR--

    [公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


    → ソフトバンクオンラインショップ


    → auオンラインショップ


    → ドコモオンラインショップ


    → 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる