トップページ > iPhoneの使い方 > iOS15新機能・変更 > 【iOS15】FaceTimeで空間オーディオを利用する方法
2021年10月9日 21時04分

読了まで 211

【iOS15】FaceTimeで空間オーディオを利用する方法

FaceTimeで空間オーディオを利用したい

A.

iOS15では、FaceTimeでも空間オーディオを利用することができるようになりました。
 
空間オーディオを使うと、相手の声が広がり、画面上の配置と同じ方向から相手の声が聞こえてくるようになります。
 
友達や家族と同じ部屋で会話をしているように、自然に聞こえます。
 
空間オーディオの利用には、iPhone7 Plus 以降*のiPhone対応イヤホンが必要です。(*iPhone SE (第1世代) は除く)
 
AirPodsシリーズ(AirPods、AirPods Pro、AirPods Max)や一部のBeats製品が対応しています。

FaceTimeでの空間オーディオ使用方法

 

1
AirPodsを接続します
Tips iOS15 ミュージック

  • 空間オーディオ対応のイヤホンをBluetooth接続します
  •  

    2
    FaceTimeで通話を開始します
    Tips iOS15 FaceTime

  • 「FaceTime」アプリを開き、通話を開始します
  •  

    3
    オーディオ出力先を「AirPods」にします
  • 画面上部の「サウンド」マークをタッチします
     

  • AirPodsなど対応イヤホンをタッチして選択します
  •  

    Tips iOS15 FaceTimeTips iOS15 FaceTime

     

    4
    コントロールセンターを開き「音量調節マーク」を長押しします
    Tips iOS15 FaceTime

  • 画面上部を下に向かってスワイプします
     

  • 「音量調節マーク」を長押しします
  •  

    5
    「ステレオを空間化」をタッチします
    Tips iOS15 FaceTime

  • 右下の「ステレオを空間化」をタッチします
  •  

    6
    音声が空間オーディオのように再生されます
    Tips iOS15 FaceTime

  • 「ステレオを空間化」がオンになり、音声が空間オーディオのように再生されます
  •  

    (reonald)

     
     

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる