トップページ > 最新情報 > iPhoneは「実質0円」廃止後も売れ続ける!専門家が分析

読了まで 222

iPhoneは「実質0円」廃止後も売れ続ける!専門家が分析

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iphone6s

iPhoneなどスマートフォンの値上げや「実質0円」廃止が話題となっていますが、国内のスマートフォン販売をITジャーナリストの神尾寿氏は「これからもiPhoneは売れる」と分析しています。

「実質0円」廃止はiPhoneに逆風か?

総務省の有識者会議の議論を受けて、国内大手キャリアは「実質0円」の廃止、によるiPhoneなどの端末価格値上げ、MNP客へのキャッシュバック縮減へと動いています。
 
日本では、端末価格の分割払い分を、キャリアが値引きで相殺する「実質0円」が一般化したため、本来は高価なiPhoneが売れていました。
 
神尾氏は、IT Mediaのインタビューに対し、端末価格が実質的に値上げされてもiPhoneは売れ続ける、と語っています。

端末価格の実質値上げでもiPhoneは売れ続ける

神尾氏は、端末価格の実質値上げによりiPhoneが売れなくなるのでは、との見方を「その逆」と否定し、iPhoneが売れる、と見ています。
 
端末購入時の負担増により、ユーザーの端末利用期間が長くなると同時に、中古端末市場が拡大する、というのが神尾氏の予測です。
 
中古端末市場の拡大は、新品の代わりに中古で安く端末を買うユーザーの増加と同時に、高値で下取りしてもらえるうちに新機種に買い換えるユーザー増加への二極化をもたらす、と分析されています。

中古市場拡大でiPhoneに人気集中、キャリアが中古ビジネス参入も?

中古市場が拡大すれば、性能やブランドへの評価が高い、下取り価格の高い端末に人気が集中するのは自動車と同様です。
 
下取り価格が安定している端末はiPhoneだけであり、これは数年前に発売された旧機種でも最新版のOSが利用可能となるなど、Appleのサポートが行き届いていることも要因です。
 
これまで、キャリアに下取りされた端末は海外に輸出されていましたが、今後はキャリアが整備して独自に中古端末の販売に乗り出すのではないか、とも予測されています。

 
また、負担増により、新機種の売れ行きは鈍るものの、国内で利用されるiPhoneの稼働数は同様だろう、というのが神尾氏の分析です。

大手キャリアの動向に注目

今後、MVNOとの競争も進む大手キャリア各社が、ユーザーを囲い込むために新たな施策を打ち出してくる可能性もあります。ユーザーとしては当面、各社の料金プランなどの動向を注視する必要がありそうです。
 
IT Mediaのインタビューには、明暗の分かれたAppleとサムスンの戦略の違いや、Android端末メーカー各社の今後取るべき方策なども語られており、興味深い内容となっています。
 
 
Source:IT Media
(hato)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる