トップページ > 最新情報 > iPhoneやMacのSafari強制終了問題、Appleが対処完了!

読了まで 20

iPhoneやMacのSafari強制終了問題、Appleが対処完了!

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

Safari
 
1月27日の夕方から夜にかけて、iPhoneやMacの標準ブラウザ「Safari」が強制終了してしまう問題が発生し、世界中のユーザーが困惑していましたが、Appleはこの問題への対処を完了した模様です。

iPhoneの「Safari」強制終了問題、Appleが解決

iPhoneやiPad、Macの標準ブラウザSafari」が突然強制終了してしまう現象が発生して話題となりました。米メディアBuzzfeedが、Appleはこの問題に対処したと語った、と報じています。
 

解決策1:「Safari検索候補」をオフに

問題は、「Safari検索候補」のキャッシュデータ処理のバグによるもので、Safariのキャッシュデータを削除することで解決可能です。
 
昨日の記事で詳しくご紹介していますが、手順は以下のとおりです。
 

  1. Safariを終了させる
  2. 「設定」から「Safari」を開く
  3. 「Safari検索候補」(あるいは「Spotlightの検索候補」)をオフにする

解決策2:Safariの履歴データを消去

Buzzfeedによると、上記の手順でも問題が解決しない場合は、以下の方法でSafariのキャッシュを削除する必要があります。
 

  1. Safariを終了させる
  2. 「設定」から「Safari」を開く
  3. 「履歴とWebサイトデータを消去」をタップ

 
Safari キャッシュを削除
 
これにより、最近閲覧したWebページの履歴やCookieが消去され、Safariで開いていたタブが閉じられます。ブックマークや保存されたパスワードは消去されませんのでご安心ください。

 
 
Source:Buzzfeed
(hato)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる