トップページ > 最新情報 > iPhoneアップグレードプログラム、25万台の売り上げに貢献

読了まで 217

iPhoneアップグレードプログラム、25万台の売り上げに貢献

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhone6s
 
Appleが米国において昨年9月に新しい「iPhoneアップグレードプログラム」を立ち上げて以来、同プログラムを通じて約25万台のiPhoneが売れていることが明らかになりました。

2016年はさらに利用者が増える!?

Appleがプログラム実施のために提携しているローン会社Citizen’s Financial Group(CFG)が現地時間22日、12月末までに2億2,200万ドル分の利用があったことを明らかにしました。これらの数字を分析したPiper Jaffrayのアナリスト、Gene Munster氏は、プログラムが導入された9月から12月の間に、同プログラムによって約25万台のiPhoneが売れたと見積もっています。
 
Munster氏の推測によれば、プログラム経由で売れたiPhone6sは、同期間中にApple Storeで売れたiPhone6s総数の3~5%程度を占めるとのことです。
 
Munster氏は、次のような3つの理由から、2016年はさらにプログラムの利用者が増えると見ています。
 

  • 昨年9月に導入されたばかりなので、従業員がプログラムの売り込みに慣れるのに時間がかかっている。
  • ほとんどのユーザーは一度通信キャリアやプランを決めるとなかなか変更せず、無利子ローンのメリットを知らない。
  • 2年契約に縛られているユーザーが多いので、契約が切れると切り替える可能性がある。
  •  
    iPhone-loan

    アップグレードプログラムでiPhone買い替えサイクルが短縮!?

    iPhoneアップグレードプログラムとは、毎月決まった額を支払うことで、12回の支払いが終了した時点で新しいiPhoneへと切り替え、そこからまた新たにプログラムを開始できるというものです。プログラムの契約期間は24ヵ月となっており、12ヵ月で新しいiPhoneへと切り替えた場合は、その時点からまた24ヵ月のプログラムが始まることになります。この支払い金額にはAppleCare+も含まれます。
     
    実質的には24回の分割ローンと変わりませんが、利子はつきません。iPhoneを毎年新機種に切り替えたいユーザーにはお得なプランだといえます。しかもキャリアの縛りがない(SIMフリー)のも魅力です。
     
    Munster氏はAppleのアップグレードプログラムやキャリア独自のアップグレードプランにより、米国におけるiPhone買い替えサイクルは現在の22カ月から、今後4年間のうちに15カ月まで短縮されると予測しています。
     
     
    Source:AppleInsider
    (lunatic)

    --PR--

    [公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


    → ソフトバンクオンラインショップ


    → auオンラインショップ


    → ドコモオンラインショップ


    [最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

    iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


    [格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

    iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

    カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,
    いつもシェアありがとうございます
    Twitter

    Twitter

    Google+

    g+

    pocket

    Pocket

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    Top