トップページ > 最新情報 > Google、iPhone等の標準検索エンジンの座に1,000億円以上支払っていた!

読了まで 147

Google、iPhone等の標準検索エンジンの座に1,000億円以上支払っていた!

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhone検索エンジン
 
Googleは、iPhoneのSafariでデフォルトの検索エンジンとなるために、Appleに10億ドル(約1,170億円)を支払っていたことが分かりました。

Safariの標準検索エンジンの座に1,170億円以上を支払い

iPhoneなどiOSデバイスのSafariで検索すると、Googleが標準の検索となっています。これは、AppleとGoogleの契約によるもので、2014年にこの契約が満了した際、GoogleはAppleに10億ドルを支払っていたことが分かったとBloombergが報じています。
 
2014年の契約の満了時には、AppleはGoogleとの契約を更新せず、YahooかマイクロソフトのBingを選択するのではないか、ともみられていました。
 
日本円にして1,000億円以上の大金を支払ってまで、iPhoneのデフォルトの検索エンジンになることに意味があるのか?と思われるかもしれませんが、GoogleはiOSデバイスの検索契約により、Googleの売り上げ全体の10%に相当する、約78億ドル(約9,200億円)の売り上げを得ているとみられます。

検索エンジンは「設定」で変更可能

多くのiPhoneユーザーはデフォルトのGoogleのままで使っていると思われますが、他にもYahoo、Bing、DuckDuckGoが選択可能です。検索エンジンは、設定>Safari>検索エンジンから変更可能です。
 
Safari 検索エンジンの変更
 
 
Source:Apple Insider
(hato)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる