トップページ > 最新情報 > iPhone8向け?サムスン、OLED供給がほぼ決定か

読了まで 27

iPhone8向け?サムスン、OLED供給がほぼ決定か

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

サムスン
 
サムスンが、2018年に発売されるであろうiPhone8向けOLEDディスプレイのメインサプライヤーとしてほぼ決定し、製造設備などに最大約75億ドル(約9,000億円)を投資する構えであると報じられています。

サムスン、iPhone向けOLED製造がほぼ決定か

サムスンがiPhone向けのOLEDディスプレイの主要サプライヤーとしてほぼ決定した、と韓国メディアのET Newsが報じています。
 
サムスンは、OLED製造設備に約25億ドル(約3,000億円)から33億ドル(約4,000億円)の初期投資を行い、受注規模に応じて最大75億ドルまでの投資を行う用意があると伝えられています。

諸説入り乱れるiPhone向けOLED、早くてもiPhone8向けか

iPhoneにOLEDディスプレイが搭載されるのは早くても2018年で、従来どおりの発売スケジュールならiPhone8の時期と見られています。
 
iPhone8向けのOLEDディスプレイについては、主要サプライヤーのFoxconnがOLEDではないディスプレイの製造準備に入っているとの情報や、従来どおりの液晶で変更されないとの説があった一方、昨年末にはサムスンとLGがAppleと合意目前、と報じられていました。
 

なお、先日存在が明らかとなった、台湾にあるAppleの極秘施設でもディスプレイ関係の研究が行われている模様です。

デザイン責任者のアイブ氏はOLEDに高い関心

OLEDディスプレイの特徴は、薄く、液晶ディスプレイに比べて省電力で、鮮やかな色の表現が可能という長所があります。一方で液晶に比べると、コストが高いこと、製造の歩留まりが良くないこと、寿命が短く、液晶ほど明るくないという短所もあります。これまでのところ、Apple製品への採用実績は、Apple Watchのみです。
 
昨年2月、Appleのデザイン最高責任者であるジョナサン・アイブ氏が、New Yorkerのインタビューに対し、従来の液晶ディスプレイを「とても古い感じがする」と評し、OLEDに高い関心を示していることからも、iPhoneにOLEDが採用される可能性は十分にあると言えそうです。

 
 
Source:9to5Mac
(hato)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる