トップページ > 最新情報 > アップル、広告ビジネスから撤退へ―iAdのチームは解体の見通し

読了まで 221

アップル、広告ビジネスから撤退へ―iAdのチームは解体の見通し

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iad アップル
 
アップルが自社広告プラットフォームiAdの見直しとチームの解体を図っていることが明らかになりました。広告ビジネスによって、思うように収益が上げられなかったことが原因とされています。

アップルの得意分野ではなかった

ニュースサイトBuzzFeedによれば、アップルは広告ビジネスへの従来のような参画を諦め、直接的にiAdへ関与することを止めることがわかりました。内部関係者は「端的に我々が得意な分野ではなかったということだ」とアップルがiAdのプロデュースに失敗したとするコメントを寄せています。
 
今後アップルはiAdの販売チームを解体し、同プラットフォームでパブリッシャーが直接広告コンテンツを表示できるようにする予定です。これによって、アップルがコミッションを受け取ることはなくなり、パブリッシャーは得られる収益の100%を手にすることが出来ます。
 
アップル自身は利益を大きく上げることが叶わなかった一方、巨大なプラットフォームを前にして、広告業界は大チャンスと捉えているようです。
 
「パブリッシャーにとって最高のものになると考えている」と語るのは、アップルの新計画に詳しい事情筋です。「彼らはアップルを仲介することなく、ダイレクトに消費者に向けて広告を打つことが出来る。アクセスはより増加し、管理もより簡単になるだろう――理論上は」

何度か見直しが図られたが功を奏せず

昨年9月、アップルはiAd Workbenchをアップデートし、パブリッシャー自身が「News」アプリで広告を出すことが出来るように変更しました。現在、「News」のパブリッシャーは自分たちで広告を出すか、iAdに委託するかを選ぶことが出来ます。アップルは今後、こうした「News」限定のモデルをApp Storeなど、他のプラットフォームにも拡大する予定です。
 
2010年に華々しくサービスが始まったiAdは、結局広告プラットフォームとして成功することは出来ませんでした。ニュースサイトMac Rumorsは、その原因を料金ではないかとしています。当初最低50万ドル(約6,000万円)だった料金は、その後何度か値下げされ、システムのテコ入れもiTunes Radioの登場に合わせるなどして複数回なされましたが、功を奏することはありませんでした。
 
アップルがコントロールの手綱を緩めることで、広告が今後どのように変化していくのかは分かりませんが、ひとまずエンドユーザーにとって大きな影響がないことを願うばかりです。
 
【追記】
現地時間1月15日、AppleはiAdサービスを6月末をもって終了することを公式に発表しました
 
 
Source:Mac Rumors
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる