トップページ > 最新情報 > 次世代iPhoneではiMessageでP2P送金が可能に?特許から発覚

読了まで 24

次世代iPhoneではiMessageでP2P送金が可能に?特許から発覚

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

imessage p2p
 
アップルが新たに申請した特許の中に、iMessageを用いてP2Pで金銭をやり取りする技術が含まれていることが分かりました。さらに本送金技術は、音声通話やテキスト、チャットやメールでも可能とあって、期待が高まっています。

iMessageから気軽に送金可能!

imessage p2p
 
特許として申請された書類では、2名のアカウントがiPhone上でiMessageを使用してチャットをしながら、個人間の支払いを話題にしていることが分かります。iPhoneのディスプレイ右上の「Make Payment」ボタンを押すと、自身のアカウントから支払いを行うことが可能となっています。
 
その他の画像では、同じくiMessageのチャット環境において、アカウントが支払いをどのように進めるかが示されています。支払い画面の下に受け取る相手の名前が表示され、さらにここにアカウントを追加できる仕組みです。空白には支払金額を入力し、最後に確認ボタンを押して支払いが完了します。

Apple Payへの導入としてか

imessage p2p
 
ニュースサイト威锋网によると、iMessageにP2Pの送金機能を搭載することで、アップルには18-34歳のiPhoneユーザーを惹きつけようとする狙いがあるそうです。事実、金融サービスを手掛けるJavelin Strategy & Research社のデータによれば、この層はアメリカで最もP2Pの送金サービスを好むということが分かっています。
 
しかし、アップルとしては、P2Pによる支払い機能を入り口として、最終的にApple Payサービスの方を広めようとしていることは確かでしょう。Apple Payからのクレジットカード支払いであれば、アップルは一定の手数料を受け取ることが可能だからです。
 
アップルが同特許をいつiMessageの中に搭載するかは明らかになっていませんが、すでに多くのアプリがP2P送金システムを提供しており、かつ今後もこういった送金システムの需要が高まっていくことを考えれば、実現する可能性は低くないと言えます。
 
 
Source:威锋网,PhoneArena
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる