トップページ > 最新情報 > 米クリスマス、iPad Proはシェア1%未満!アプリインストールは通常の2.2倍!

読了まで 215

米クリスマス、iPad Proはシェア1%未満!アプリインストールは通常の2.2倍!

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPad Pro
 
アメリカで、クリスマスシーズンにアクティベートされたスマートデバイスの49.1%がApple製品だったことが分かりました。ただし、発売されたばかりのiPad Proは全体の1%にも満たなかった模様です。

iPhone6s Plus等、「ファブレット」の人気が拡大

クリスマスシーズンのアメリカにおけるデバイスのアクティベーション状況に関するデータをFlurryが公開しました。
 
2013-2015推移
 
クリスマス前の週に流通したデバイスの内訳を見ると、大画面スマートフォンとしてタブレットとスマートフォンの中間にあたる「ファブレット」が2013年にはわずか4%だったのが2015年には27%まで拡大しています。一方、「フルサイズタブレット」は2013年の17%から2015年には9%まで低下しています。

Androidで顕著な「ファブレット」人気、iPad Proは全体の1%未満

OS別

 
OS別に内訳を見ると、「ファブレット」がAndroidでは50%なのに対し、iOSでは12%、「中型スマートフォン」がAndroidで35%、iOSで65%と差が目立ちます。Androidでは大画面のSamsung Galaxy Noteが人気なのに対し、iPhoneではiPhone6s PlusよりもiPhone6sが売れていることがわかります。
 
Flurryによると、「フルサイズタブレット」にはiPad Proも含まれていますが、iPad Proは全体の1%にも満たなかった、とのことです。

Appleが49.1%、昨年からわずかにシェア低下

メーカー別
 
メーカー別で見るとAppleが49.1%、サムスンが19.8%と、クリスマスにプレゼントされたスマートデバイスの約半数をiPhoneやiPadといったApple製品が占めました。
 
圧倒的存在感を示すAppleですが、これでも昨年の51.3%からはわずかにシェアを下げています。

クリスマスの日、アプリは通常の2.2倍インストールされる!

アプリインストール数
アプリのインストール数は12月1日から21日の平均を1.0とすると、クリスマスの日は通常の2.2倍にも上っています。クリスマスは一年の中で最もアプリがインストールされる日なのだそうです。
 
Googleが、いつもはシンプルなトップページで自社製アプリのインストールを促した「掟破り」とも言えるプロモーションを行ったのも、この傾向を知ってのことだったのでしょう。
 
 
Source:Flurry
(hato)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top