トップページ > 最新情報 > アップル入社希望者は必見!クック氏が求める人材はこんな人

読了まで 239

アップル入社希望者は必見!クック氏が求める人材はこんな人

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

ティム・クック インタビュー
 
アップルに入社したいと思う人間は、山ほどいるはずです。しかし、一体どんな人物が求められているのでしょうか。米CBSが先日放送したドキュメンタリー番組「60 Minutes」の中で、インタビューワーのチャーリー・ローズ氏がティム・クック氏に、「アップルはどのように人材を発掘しているのか」という質問を投げかけました。これについてニュースサイト威锋网がまとめた記事が興味深かったので、抜粋して紹介したいと思います。

「不可能」を受け入れることが出来ない人

アップルは一貫して独自の企業文化を作り上げてきました。同社の下で働く従業員は世界を変えることについて、まるで何か執念を持っているかのようです。それだけに、アップルに言わせれば、仮に大量の求職者が押し寄せてきたとしても、同社の文化に合う人間を見つけるのは、非常に難しいことなのだそうです。
 
ティム・クック氏は、彼らに求めているものは、生まれつき備わった批判精神と世界を変えたいという思いだと答えます。

我々が求めている人材は、1つのことに対して奮闘しているような人間だ。彼らこそが世界を変えようとし、そしてエネルギーを持って仕事に臨み、理想主義を携えている人間だからだ。回答が得られずとも決して休まず、現状に不安を抱いている人だ。こういった人は天性の批判精神を持っており、何かを見ても、見た通りのものではないとすぐに気づく。腰を据えて、全神経を集中させ、ずっと回答を探し続ける。我々はそういった「不可能」を受け入れることが出来ない人間を求めている。絶対に受け入れようとしない人間を。

世界を変えるべく自分の理想を貫き通そうとする人

しかし、そういった生来の性質は履歴を見ただけですぐに分かるものではないだろうとローズ氏が問いかけると、クック氏は、そのような人材を見つけることは非常に難しいと認めながらも、独自の面接を行うことである程度判別がつくと語りました。
 
事実、アップルは通常10-12人で1人の面接に臨みます。異なる角度から候補を知ろうとし、決して1人の独断で簡単に決めるようなことはしません。
 
そして興味深いことに、アップルは12人全ての面接に通過するような人間も求めていません。ティム・クック氏は、周囲の人間全てが常に自分と意見が異なっていると言います。しかし彼は、自分の思いを貫き通せるようになり、同時に世界を変えるだけのエネルギーを持ち続けることこそ、より重要だと語ります。

我々が求めているのは、頭が良すぎる人(wicked smart)だ。彼らは自分の思いを持っており、自分の思いを貫き通そうとし、世界を変えようとし、そして世界をより良くしてしまいたいと思っている人なんだ。

面接によっては不思議なテストもある

とはいえ、先述した威锋网によれば、職務によっては面接官がテストを課してくることもあるそうです。時には難しかったり、時には簡単であるものの、意図がよく分からなかったりと、どれも頭を使う問題です。例えば、ソフトウェアエンジニア向けのテストがこちらです。

机の上に100枚のコインがある。全てが表か裏を向いており、10枚が表で90枚が裏である。あなたは、感覚、視覚、その他いかなる方法でも、コインがどちらを向いているか知るすべはない。2つの山に分け、表を向いているコインの数がどちらの山も同数となるようにせよ。

 
 
Source:威锋网
(kihachi)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top