トップページ > 最新情報 > Google、LINEやFBに対抗!メッセージングアプリを開発か

読了まで 157

Google、LINEやFBに対抗!メッセージングアプリを開発か

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

Line
 
Googleが少なくとも1年以上にわたり、LINEやFacebookなどに対抗する、新しいモバイルメッセージングアプリの開発に取り組んでいることが、米Wall Street Journalの報道で明らかになりました。

他社に大きく後れをとっているGoogle

報道によると、Googleのコミュニケーション部門副社長を務めるNick Fox氏が、メッセージングアプリ開発チームを率いているとのことです。新しいアプリのリリース時期や名称についてはまだわかっていません。
 
Googleは現在もHangoutとMessengerの2つのメッセージングサービスを提供していますが、FacebookのWhatsAppやMessenger、中国で人気のTencentのWeChat、日本などで人気のLINEと比べると、大きく後れをとっています。

新メッセージングサービスは「チャットボット」が特徴

関係者によると、Googleが現在開発中のサービスは、メッセージングアプリ内でソフトウェアが質問に答える「チャットボット」を統合したものになる模様です。Googleの検索エンジンに検索語句を入力する代わりに、質問をメッセージングアプリでチャットボットに送信すると、チャットボットがWebなどから情報を収集、質問に回答するという仕組みです。
 
前述のNick Fox氏は今年10月、このチャットボットを開発する新興企業200 Labsに買収を持ちかけたものの、却下されたとWSJは伝えています。
 
またGoogleは人工知能(AI)の活用により、チャットボットに学習機能を持たせ、ユーザーと会話ができるようにする技術の開発も進めているようです。GoogleのWeb検索エンジンには、基本的な会話機能がすでに搭載されています。
 
 
Source:The Wall Street Journal
Photo:LINE
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる