トップページ > iPhone5s > Wi-Fiで動画を観ているはずなのにLTE回線も使用していた!アップルに集団訴訟発生

読了まで 22

Wi-Fiで動画を観ているはずなのにLTE回線も使用していた!アップルに集団訴訟発生

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iphone5s
 
iPhone5/5sでWi-Fiを使用しているはずなのに、実際にはLTE回線も用いており、またアップルもこの欠陥を知っていながら改めようとしなかったとして、アメリカで大手キャリアであるAT&Tのユーザーによる集団訴訟が発生しました。

他のキャリアではすぐさま対応してくれたのに

きっかけは2012年に、何人かのiPhone5ユーザーがデータ通信量が普段より多いことに気づいたことがきっかけです。
 
詳しく調べてみると、10-20分ほどの「大容量データ」をストリームすると、グラフィック描写を行うGPUがフルに活動を開始する一方、CPUはバッテリーの消耗を抑えるべく「スリープモード」に入るため、Wi-Fi以外にもLTE回線を使ってしまうエラーが発生することが発覚しました。
 
すぐにアップルと大手キャリアの1つVerizonのペアは対応策を発表、Verizonはバグによって生じたデータ通信料は請求しないとのコメントを発しました。
 
しかし、アップルとAT&Tのペアに関しては、欠陥を認識していながらも改められることはなく、iPhone5sやiOS7がリリースされたのちも、同問題に触れることはなかったとのことです。

AT&Tとアップルとのやり取りが問題だった?

訴えを起こした側は、「AT&TのWi-Fiユーザーに対する修理をアップルは保留するべきではなかった。情報の告知や修理が保留されたおかけで、消費者は欠陥に気づかず、データ通信料をキャリアから請求された」として怒りを顕わにしています。
 
まとめると、iPhone5/5sのバグはキャリアを問わず、広く共有されていたのにもかかわらず、AT&Tに限っては何らかの事情で先延ばしになってしまったということでしょうか。
 
なお、似たような集団訴訟として、iOS9より搭載された「Wi-Fiアシスト機能」が、デフォルトでオンになっているために想像以上にLTE回線を使用し損害を受けたとする案件が、同じくアメリカで発生しています。
 
 
Source:MacRumors
(kihachi)

カテゴリ : iPhone5s, 最新情報  タグ : , , , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる