トップページ > 最新情報 > 「iPhone売上、2016年度に初の下落を記録する」モルガン・スタンレー予測

読了まで 28

「iPhone売上、2016年度に初の下落を記録する」モルガン・スタンレー予測

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iphone6s
 
iPhoneが2016年、発売開始後初の売り上げ下落を記録する――米金融機関モルガン・スタンレーのアナリスト、Katy Huberty氏が、衝撃的な予測を発表しました。

2016年度のiPhone売り上げは6%減

同氏は配布した調査報告書において、Appleの2016年度におけるiPhone売り上げ台数は約6%下落する(2016年の暦では2.9%減に相当)と予測しています。
 
iPhoneは、発売以来年々その売り上げ台数を増やしてきました。発売初年度の2007年度には、140万台を売り上げています。
 
売り上げの伸びが最も鈍化したiPhone5s発売後でも、マイナス成長を記録したことはありません。調査会社Statistaのデータによると、2012年度には1億2,500万台、2015年度には2億3,100万台を達する見通しです。
 
iPhone_sales

価格の高さが今後はネックになる?

しかしモルガン・スタンレーは2016年度のiPhone売り上げを、5.7%減の2億1,800万台(暦でいう2016年の売り上げは2.9%減、台数では22万4,000台の減少)となると予測しています。この数字はHuberty氏が以前発表した、2016年度の売り上げ予測2億4,700万台(暦の2016年では2億5,200万台)をはるかに下回るものです。
 
同氏は予測を大幅に引き下げた理由として、「国際市場においては値段が高いこと、また新興国におけるスマートフォン浸透率の高まりが、機種アップグレードや新規ユーザー数を圧迫している」と述べています。

Appleの業績にも影響

Business Insiderは、もしも予測が正しければ、これは相当の影響力を持つと指摘しています。iPhone売り上げはAppleの売り上げと利益の3分の2以上を占めているからです。iPhone売り上げがマイナス成長となれば、Appleの継続的な成長も難しくなるでしょう。
 
2016年のiPhone売り上げについては、KGI証券のアナリスト、Ming-Chi Kuo氏も、2016年1月~3月期のiPhone出荷台数は前年同期比でマイナスとなる可能性があるとの予測を発表しています。
 
 
Source:Business Insider
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる