トップページ > iOS > iOS9.2では「アプリの切り替え」画面にこっそり変更が加えられていた!

読了まで 148

iOS9.2では「アプリの切り替え」画面にこっそり変更が加えられていた!

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

ios9
 
iOS9.1からiOS9.2へのアップデートでは、多数のバグ修復やApple Musicの機能拡充などが行われましたが、アプリの切り替え画面(マルチタスク機能)での視差効果にちょっとした変化が加えられたことは、あまり知られていません。

高速でスワイプが出来なくなった


ニュースサイト威锋网によると、iOS9.2では「視差効果を減らす」をオンにした場合、アプリの切り替え画面が遅くなっていることが判明しました。iOS9.1ではオンにしてもスムーズな切り替えが可能でしたが、iOS9.2からは各アプリのプレビュー平面的になり、プレビューを1枚ずつ切り替えねばならず、高速でスワイプするといったことが出来なくなっています。
 
文字では分かりにくいですが、iOS9.1とiOS9.2の比較動画を見てみると一目瞭然です。
 


 
筆者が体験した限りでは、高速でスワイプすることが出来なくなったため、アプリを見失うというミスこそ減ったものの、慣れないユーザーエクスペリエンスに若干戸惑いも感じました。とはいえ、「視差効果を減らす」をオンにする最大の目的は、アニメーション効果を抑え、バッテリーの持ちを増大させることなので、これこそ本来あるべき姿なのかも知れません。
 
 
Source:威锋网,Twitter
(kihachi)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top